サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの3日間10GBは対策すべき!具体的な対策方法をご紹介!

  /    
  ネットまるごと完全比較

WiMAXのギガ放題プランには、「3日間で10GB」という高速通信の制限があります。使い放題だと思って自由に使っていると、いつの間にか制限がかかってしまうという方もいるのではないでしょうか。

無制限で使えるモバイルルーターのサービスとしては、「どんなときもWiFi」という選択肢もあるので、必要に応じて検討してみるのがオススメです。

どんなときもWiFiの「詳細はこちら

申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

この記事では、WiMAXの速度制限のしくみや対策方法について解説します

どれくらい使用すると10GBに達してしまうのかもご紹介するので、WiMAXの使い方について知りたい方はぜひ参考にしてください。

WiMAXには速度制限がある!

WiMAXは完全無制限のモバイルルーターサービスではなく、各プラン・通信モードにおいて制限が存在します。

まずは速度制限の内容について、解説します。

ハイスピードモード使用時

WiMAXをハイスピードモード(WiMAX)で使っている場合は、プランによって速度制限内容が異なります。

 
速度制限内容
7GBプラン
7GBの通信をすると、月末まで128kbpsに制限
ギガ放題プラン
3日間に10GB以上通信した際、翌日18時~翌々日2時に1Mbpsに制限

7GBプランの場合、一度制限にかかると当月中はメールやSNSも難しいほどの低速に制限されてしまいます

ギガ放題プランについてはのちほど詳しくご説明します。

ハイスピードプラスエリアモード使用時

WiMAXルーターの中にはauの4G LTE回線を使える「ハイスピードプラスエリアモード」に対応する機種があります。ハイスピードプラスエリアモードの速度制限は「7GB到達時、月末まで128kbps」です。

注意点は、ハイスピードプラスエリアモードを使うと、速度制限にかかったときに現在契約しているプランで使えるモードすべてが制限対象になることです。

つまり、一度ハイスピードプラスエリアモードで速度制限にかかったら、WiMAX回線で通信するハイスピードモードに戻したとしても当月中は速度制限が解除されません

速度制限をされるとWiMAXルーターでの快適な通信は困難となるので、7GB到達前にハイスピードモードに戻しましょう。

ギガ放題プランの特徴

ギガ放題プランではハイスピードモードにおける月間の高速通信量に上限がありません。しかし、完全無制限のプランではないため気をつけましょう。 3日間に10GB以上通信すると、翌日18時~翌々日2時の間は速度が1Mbpsに制限されます。

2時〜18時の間は、3日間で10GB以上の通信をしていたとしても高速通信が可能です。 万が一速度制限にかかってしまったときに、ゲームソフトのダウンロードなどで高速による大容量通信が必要となった場合は、速度制限が発生する時間帯を避けて通信しましょう。

10GBとはどれくらいの通信容量か

ギガ放題プランでは3日に10GBの高速通信上限がありますが、10GBでできることの例を以下の表にまとめました。

  10GBでどれくらいできるか
LINE送信(トーク)
500万回
Webページの閲覧
34,900ページ
音楽ダウンロード(1曲5MB)
2,000曲
動画観賞(HD画質)
13時間

見てのとおり10GBという容量は膨大で、ネットサーフィンなどの軽い用途ならたくさん使ってもなかなか速度制限にはかかりません。

しかし動画再生や、1つあたり数GB~数十GBあるようなゲームソフトのダウンロードといった用途では、速度制限にかかってしまうリスクがあるので注意が必要です。

通信速度について

WiMAXの各プラン・モードにおける速度制限前と後の速度の違いは、以下の表にまとめたとおりです。

  通信速度
通信制限なし
最大下り1.2Gbps・上り75Mbps(W06)
通信制限後
ギガ放題:おおむね1Mbps
ハイスピードプラスエリアモード、7GBプラン:128kbps

速度制限にかかった場合、ギガ放題プランなら制限後もまずまずのスピードが出るので、ネットサーフィンやメール、SNSといった用途ならある程度こなせます。

動画再生の場合は、YouTubeの場合360p~480pといった低めの画質は再生が可能です。高画質な動画を見ると読み込み中に止まる、オンラインゲームでは操作と画面がずれるなどするため、それぞれ快適な作業はできません。

快適にできる作業が限られてしまうので、ギガ放題プランでも速度制限にかからないようにしたほうがよいでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードや7GBプランにおける制限後の速度では、メールやネットサーフィンなどの軽い用途でも長時間の読み込みが発生するので、快適な作業は困難です。

事実上ルーターの利用自体が困難になってしまうので、それぞれのモード・プランでは速度制限にかからないよう、使い方に注意が必要です。

3日間10GBの速度制限にかからないための対策方法

3日間10GBの速度制限にかからないためにも、以下の対策方法を参考にしてみてくださいね。

それぞれ解説するので、覚えておきましょう。

使用量を確かめながら利用する

WiMAXにおける通信量は、ルーターの画面やマイページで確認できます

定期的にデータ量を確認しながら利用をすれば、使い過ぎを防げます。 動画を見ようと思ったタイミングで確認して残り2GBだったとしたら、動画再生をしない、あるいは画質を落とすといった対処を行うとよいでしょう。

固定回線と合わせて利用する

自宅に固定回線がある場合は、自宅にいる間は固定回線・外ではWiMAXといった使い分けをすれば、WiMAXのデータ使用量を抑えられます。

切り替えを忘れてずっとWiMAXで通信していると速度制限にかかりやすくなるので、注意しましょう。

無制限のWi-Fiと契約をする

3日間10GBの速度制限が煩わしいと感じる方は、無制限で利用できるポケットWi-Fiのサービスを申し込んでみてはどうでしょうか。

無制限なら月間や数日単位での通信量を気にする必要がなくなるので、自宅や外での通信はより快適になります。

速度制限がないどんなときもWiFiもオススメ

無制限で通信したい方にオススメのポケットWi-Fiサービスは、「どんなときもWi-Fi」です。

どんなときもWi-Fiは、WiMAXのような月間・数日単位での通信量上限が設定されていません。(ネットワークを占有するレベルの大容量通信時のみ、384kbps程度に制限)

ここからは、どんなときもWi-Fiのサービス内容を解説します。

月額料金・初期費用

どんなときもWi-Fiの各種料金は、以下にまとめたとおりです。

  料金(税抜)
月額料金
<クレジットカード払い時> 2年間:3,480円 25か月目:~3,980円
<口座振替時> 2年間:3,980円 25か月目:~4,410円
初期費用
3,000円
オプション費用
あんしん補償(端末故障時の交換サービス)月額400円

見てのとおり月額料金は3,000円台からと安く、支払い方法によってのみ料金プランが分かれているシンプル仕様です。

キャッシュバックなどのキャンペーンはありませんが、2年間の月額料金が割引なため、支払額はしっかりと抑えられます。 申込時は初期費用が3,000円(税抜)かかるので、忘れないように気をつけましょう。

オプションは任意での申し込みなので、不要な場合には無理に申し込む必要はありません。

通信速度、電波

どんなときもWi-Fiの通信速度は下り150Mbps・上り50Mbpsが上限です。

WiMAXの下り最大1.2Gbps(W06)と比較すると遅めですが、フルHDの動画再生やネットサーフィン、アプリのダウンロードなど、一般的な用途をこなすのには十分なスピードです。

そしてどんなときもWi-Fiはエリアの広さも魅力で、ドコモ、au、ソフトバンクの3つの電波を利用できます。国内の広い範囲で通信できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

またどんなときもWi-Fiは、ルーターの海外利用が1日1GBを1,280円~1,880円(渡航先によって異なる)で使えます。

契約年数、縛り

どんなときもWi-Fiは2年契約・自動更新のサービスで、違約金は以下のとおりです。

  契約解除料(税抜)
~12か月目
19,000円
13か月~24か月目
14,000円
25か月目(更新月)
0円
26か月目~(更新月を除く)
9,500円

段階的に料金が安くなっていく仕様となっています。25か月目の更新月に解約すれば、解約時に料金がかかることはありません。

どんなときもWiFiの「詳細はこちら

申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

まとめ

WiMAXのギガ放題プランだと、3日間に10GB以上通信した際に速度制限がかかります

制限は18時~2時の夜間にのみ行われますが、制限中は1Mbpsほどに制限されるので、高画質な動画の再生など通信速度を必要とする用途での利用は困難です。

7GBプランやハイスピードプラスエリアモードでは、7GB到達時に翌月になるまで速度が128kbpsに制限され、制限中はメールなどの軽い用途でも利用が困難となります。

WiMAXを使う際は、定期的に通信量を確認・速度制限にかからないように注意しましょう。

速度制限を気にせずもっと自由に通信したい場合は、3日や1か月単位での通信量上限がないどんなときもWi-Fiの検討をオススメします。

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較