サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

GMOとくとくBBのWiMAXは契約すべき?他社との比較やプラン選びのポイント

  /    
  ネットまるごと完全比較

WiMAXは機種ごとの性能は違いがあれど、どの会社で申し込んでも利用できる機器は同じなのでプロバイダによって速度やエリアなどは変わりません。

プロバイダごとに異なるのは、月額料金だったりキャッシュバックなどのキャンペーン内容です。 お得に使うことを重視する場合は月額料金の安さや充実したキャンペーン内容をみて選ぶとよいでしょう。

たとえば、GMOとくとくBBのWiMAXはキャッシュバックキャンペーンの充実度が高く、他社と比べて維持費をとても安く抑えられます。

この記事では、主にGMOとくとくBBでWiMAXを契約するメリットについて解説します。

WiMAXをこれから契約予定の方は、ぜひプロバイダ選びの参考にしてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

最安のWiMAXはGMOとくとくBBだった!

実際に大手プロバイダ10社で月額料金の比較を行った結果、WiMAXプロバイダの中でも最安なのは、GMOとくとくBBだとわかりました。

以下の表をご覧ください。

契約条件を新規契約、ギガ放題のプラン、端末はW06比較しています。

  月額料金(税抜) キャンペーン 3年間実質合計金額
GMOとくとく
BB (CB特典)
1・2か月目:3,609円
3か月目~:4,263円
34,500円 120,660円
JPWiMAX

1か月~3か月目:2,800円
4か月~24か月目:3,500円
25か月~:4,100円

10,000円
(Amazonギフト券)
124,100円
GMOとくとく
BB(月額割引)
1・2か月目:2,170円
3か月~36か月目:3,480円
2,000円 123,660円
Broad WiMAX 1・2か月目:2,726円
3か月~24か月目:3,411円
25か月目~:4,011円
0円 131,626円
DTI WiMAX 1・2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目:~3,760円
0円 129,670円
カシモWiMAX
(新端末プラン)
1か月目:1,380円
2か月~24か月目:3,580円
25か月~:4,079円
0円 135,668円
So-net WiMAX ~12か月目:3,380円
13か月目~:4,379円
0円 148,656円
BIGLOBE WiMAX※1 1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円 155,480円
@nifty WiMAX※1 1・2か月目:3,670円
3か月目~:4,350円
0円 178,240円
UQ WiMAX※1 3,880円 3,000円 154,680円
au WiMAX 4,880円 0円 178,680円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

見てのとおり、GMOとくとくBBは一番安いプロバイダなので料金を安く抑えたい方にはおすすめです。

月々に支払う月額料金自体は平均的ですが、高額なキャッシュバックをもらえるので、実質料金を安く抑えられます。

キャッシュバック受取りが不安ならJP WiMAX

キャッシュバックの受取り忘れが心配で、すぐに受取りたい場合にオススメなのがJP WiMAXです。

基本的にWiMAXの申込みでもらえるキャッシュバックは、早くても数ヶ月以降の受取りという条件が多いです。しかし、JP WiMAXならAmazonギフト券10,000円分での還元が即日なので、忘れてもらい損ねる可能性が低いメリットがあります。

受け取りの方法は、申し込みしたときに届く英数字のコードをAmazonアカウントに登録するだけなので簡単にもらえます。 ただし現金でのキャッシュバックではないので、現金を受取りたい方は注意しましょう。

JPWiMAXの詳細はこちら

JPWiMAX

口座振替ならUQ WiMAXやBroadWiMAX

前項の比較表に記載した各社の料金設定はクレジットカード決済の場合であり、口座振替の場合は料金が変わるケースもあります。

WiMAXプロバイダで口座振替に対応する会社も限られています。たとえばGMOとくとくBBでは、口座振替による申し込みができません。

口座振替での支払いができるプロバイダ4社で、月額料金や特典、実質費用を比べてみたので参考にしてください。

契約条件を口座振替、新規契約、ギガ放題のプラン、端末はW06で比較しています。

  月額料金 キャッシュバック 3年間の実質費用
BIGLOBE WiMAX
(口座振替)※1 ※3
4,180円 15,000円 158,080円
Broad WiMAX
※2 ※3
1・2ヶ月:2,926円
3~24ヶ月:3,611円
25~36ヶ月:4,211円
0円 157,683円
UQ WiMAX※1 3,880円 0円 157,680円
au WiMAX 4,880円 0円 178,680円

※2020年1月時点の情報です。最新情報は、公式サイトもあわせてご確認ください。

※契約時に事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※すべて口座振替手数料込みの金額です。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1 別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※2 口座振替では初期費用18,857円の割引キャンペーンを適用できないので、別途初期費用が発生します。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※3口座振替により、支払い手数料200円(税別)/回が追加(3年間実質合計金額に含んでいます)

表からもわかるように口座振替での支払いができるプロバイダの中でもUQ WiMAXは、最もお得です。

続いてお得なのはBroad WiMAXで、月額合計の金額自体は最安値です。ただし、口座振替で申し込む場合は初期費用無料キャンペーンを利用できないので注意しましょう。

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックがあり一見お得にみえますが、端末代金や代金引換手数料、口座振替手数料がかかることも踏まえると、少々割高です。

UQ WiMAXの詳細はこちら

Broad WiMAXの詳細はこちら

BIGLOBE WiMAXの詳細はこちら

GMOとくとくBBの特徴をご紹介

GMOとくとくBBでWiMAXを申し込むにあたり、料金設定や選べる機種、速度やエリアといった基本情報を知っておきたいのではないでしょうか。

ここからは、GMOとくとくBBのWiMAXにおける各特徴をご紹介します。

GMOとくとくBBの月額料金、キャッシュバック

GMOとくとくBBにおける料金プランは使い放題の「ギガ放題」と月7GBの上限があるプランの2種類で、それぞれの月額料金は以下の表にまとめたとおりです。

  ギガ放題 7GB
月額料金(税抜)
~2か月目:3,609円
3か月目~:4,263円
3,609円

GMOとくとくBBではキャッシュバック特典を受けられます。

キャッシュバックの申請手続きをすれば、契約から最短12か月目のタイミングで最大34,500円を受取れますよ。

GMOとくとくBBの対応機器

GMOとくとくBBで選べる主な機種は以下の表にまとめたとおりです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典は選ぶ機種によって変わりますので、あわせてチェックしましょう。

  下り最大速度 キャッシュバック額 (2020年1月時点)
W06
1.2Gbps
34,500円
WX05
440Mbps
34,500円
HOME 01
440Mbps
34,500円
HOME L02
1.0Gbps
34,500円

※W06の最高速度はハイスピードプラスエリアモード+ハイパフォーマンスモード+4×4です。MIMO+USB接続時+東京・埼玉・愛知・大阪エリア、Wi-Fi接続時は867Mbpsです。

※HOME L02の最高速度はハイスピードプラスエリアモード+LANケーブル接続時、Wi-Fi接続時は867Mbpsです。

選ぶ機種によって、最大速度やルーターの形、バッテリー持ちなどの性能が異なります。

そして「HOME」と名に付いているルーターはコンセント接続式の自宅向けルーター「ホームルーター」というタイプで、外では使えないことに注意しましょう。

通信速度

GMOとくとくBBにおける、WiMAXの通信速度の仕様は以下のとおりです。

  制限前 制限後
ギガ放題
下り最大1.2Gbps
1Mbps
7GB
下り最大1.2Gbps
128kbps

※制限前の速度はW06の場合です。

速度制限の内容は、ギガ放題プランの場合「3日間に10GB以上通信した場合、翌日の18時~翌々日2時にかけて1Mbpsに制限」というものです。

7GBプランの場合は、月7GBを使い切ると月末まで速度が128kbpsから高速に戻ることはありません。

ギガ放題の制限後の速度では、YouTubeで画質が低めの動画の再生やネットサーフィン、SNS程度ならある程度は可能です。ただし、高画質動画の再生やオンラインゲームなど、通信量が多くなる用途は困難ですよ。

7GBプランでの制限後の速度では、メールやSNSなどの利用でも読み込み時間が非常に長くなってしまうので、制限がかからないように気をつけて使いましょう。

提供エリア

GMOとくとくBBのWiMAXにおける提供エリアは他社WiMAXと変わらず、基本的に日本全国です。ただし地方や建物の中など、場所によってはエリア外になってしまっていることもあります。

WiMAXサイトのエリア確認項目にて、自宅などWiMAXを使う予定の場所で通信できるかチェックしておきましょう。

またUQ WiMAXでは「Try WiMAX」と呼ばれる、WiMAXルーターを最大15日間レンタルできるサービスが提供されています。

実際にルーターを使って通信可否を確かめたい場合は、GMOとくとくBBでの申し込み前に利用してみることをオススメします。

GMOとくとくBBを利用するメリット

GMOとくとくBBには、実質料金が最安であること以外にもさまざまなメリットがあります。

それぞれ解説するので、ご覧ください。

利用料金を安く抑えられる

記事の冒頭で述べたとおり、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、料金を他社より安く抑えられます。

出費を抑えたい方は、GMOとくとくBBでのWiMAX契約をオススメします。

最短即日で発送される

GMOとくとくBBなら、平日は15時30分、土日祝日は14時までの申し込みで最短即日、WiMAXルーターが発送されます。

すぐに利用を開始できるので、待ち時間が少ないのも大きなメリットといえるでしょう。

20日以内なら違約金なしでキャンセルできる

GMOとくとくBBのWiMAXは、返品が完了するまでの期間が20日以内なら違約金を支払わずにキャンセルが可能です。

他社モバイルルーターの場合、基本的にキャンセル受付を行ってもらえるのが8日程度なので、キャンセル可能な期間が長いことは大きなメリットといえるでしょう。

ただし無料になるのは解約違約金のみです。事務手数料や月額料金、返送料などが発生している場合はクレードル代金も支払いが必要になります。

GMOとくとくBBの利用の注意点

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用する際には、以下の2つの注意点があります。

  • クレジットカード払いでの契約に限られる
  • 有料オプションの加入が必要(月額300円の安心サポートは初月~翌月無料、不要なら申込み翌月以降に解約も可能)
  • キャッシュバックを簡単に受け取れない

キャッシュバックを簡単に受取れない

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックが受取れるまで12ヶ月ほどかかります。

以下に手順をまとめたので、ご覧ください。

<キャッシュバックの受取方法>

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、GMOとくとくBBで発行された「基本メールアドレス」へキャッシュバック案内メールが届く
  2. メールから振込先口座を登録する
  3. メール送信翌月末までの手続きで、翌月末営業日にキャッシュバックが振り込まれる

手続きを開始できるのが11ヶ月後、そして受取は翌月の12ヶ月目です。

キャッシュバックの申請手続きを忘れると受取りができなくなってしまうので、スマートフォンのカレンダーアプリなどにメモをして受取り忘れを防ぎましょう。

新規契約でないとキャンペーンの適用はできない

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、新規契約者が対象です。

過去にGMOとくとくBBで申し込んだことがある場合は、キャンペーンの適用はできないのでご注意ください。

ほかのキャンペーンと併用はできない

タブレットの割引や月額割引キャンペーンなど、ほかに開催されているキャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの併用はできません。

申し込みの際はGMOとくとくBBで開催されているキャンペーンをそれぞれを比較し、最も自分の用途に合うものを選びましょう。

GMOとくとくBBの契約方法

GMOとくとくBBの契約は、インターネット上でスムーズに行なえます。

契約の流れについて解説するので、これから申し込み予定の方は目を通しておきましょう。

まずは対応エリアを確認しよう

WiMAXの対応エリアは日本全国ですが、地域によってはエリア外になるケースもあるので、申し込み前に対応エリアの確認を行いましょう。

WiMAXのエリア確認項目からすぐにチェックできますよ。

画面の指示に従ってエリアマップやピンポイントエリア判定による検索を行い、自宅などで通信できるかどうかを調べてみましょう。

もしもよく使う場所が対応エリアでない場合は、GMOとくとくBB以外のWiMAXプロバイダでも利用できないので、別のWiFiサービスに申し込みましょう。

本当に通信ができるか不安な人はUQ WiMAXで、無料で申し込める「Try WiMAX」で15日間ルーターをレンタルしてみるのもオススメです。

申し込みの流れ

GMOとくとくBBでのWiMAX申し込みの流れは、以下のとおりです。

<GMOとくとくBBのWiMAX申し込みの流れ>

  1. エリアを確認する
  2. プランを選択する
  3. オプションに加入する
  4. クレジットカード払いにする
  5. 端末の到着

端末は定期的にラインナップが変化するので、こだわりがなければ最新の機種を選ぶとよいでしょう。

タイミングによってはキャッシュバック額が端末ごとに異なるため、お得さを重視する場合は最高額を受取れるルーターを選ぶのがオススメです。

プランは自分の使い方に合わせて選択、データ利用量が月7GBに収まるなら7GBプラン、自由に通信したいならギガ放題プランを選びましょう。

オプションは、安心サポートか安心サポートワイドへの初回加入が必須です。安心サポートは故障修理無料で月額300円(税抜)、最大2ヶ月間無料です。

安心サポートワイドは水濡れでも補償がOKで月額500円(税抜)ですが、初月無料+2か月目は200円(税抜)に設定されています。

他にもWi-Fiスポットを使えるオプションなどが提供されているので、希望に合わせて申し込むオプションを選択しましょう。

あとはクレジットカード番号や住所・氏名などを入力して申し込めば、自宅へルーターが発送されます。

GMOとくとくBBの解約方法

GMOとくとくBBの解約方法は2種類あり、契約更新月(更新月前月21日~月末、当月11日頃~20日)に解約する場合の手順は以下のとおりです。

<更新月の解約方法>

  1. BBnaviにログインする
  2. 「サービス・オプションの削除・解約」を選択
  3. GMOとくとくWiMAXの削除ボタンを押す

手続きをするのが契約更新月なら、Web上でスムーズに解約できます。

更新月以外のタイミングで解約する場合は、次項で解説するサポートセンターへの電話が必要です。

また、更新月でも請求書作成期間中である毎月1日~10日頃はBBnaviからの手続きができないため、次項で紹介するサポートセンターから解約する必要があります。

解約時の連絡先

GMOとくとくBBにはサポートセンターの解約専用ダイヤルがあります。

37か月目の契約更新月以外のタイミングで解約する場合は、以下の番号へ問い合わせなければ解約できません。

<GMOお客さまセンター> 0570-0045-109(平日10時~19時)

解約手続きは、毎月20日が当月解約となります。

もし無料で解約ができる更新月でも、21日を過ぎると翌月扱いとなるため、翌月以降の解約時には契約解除料がかかってしまいます。

解約時の違約金(解約解除料)

GMOとくとくBBの違約金は以下のとおりです。

解約月 契約解除料
端末発送月から12ヶ月目まで
19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目まで
14,000円
25ヶ月目以降
9,500円

※価格は税抜

契約更新月に合わせて解約すれば、0円で解約が可能です。

2年目までは解約金が1万円以上と高額になっているので、基本的には0円で解約できる更新月に解約しましょう。

どうしても早めに解約したいとしても、費用が下がる3年目以降の解約がオススメです。

まとめ

GMOとくとくBBは、他社プロバイダよりもオトクにWiMAXを契約できるのが魅力です。

最大34,500円ものキャッシュバックを受取れるので、費用を抑えたい方はぜひ検討してみてください。

すぐに特典を受取りたい場合はJP WiMAX、口座振替で申し込む場合はBIGLOBE WiMAXもオススメです。

回の解説を参考にGMOとくとくBBのメリットや注意点をチェックして、申し込みについてじっくり検討してみましょう。

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較