サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

フレッツ光西日本エリアで入れる3つのオススメインターネット回線

  /    
  ネットまるごと完全比較

インターネットといえばフレッツ光ですよね。

しかし今ではNTTだけではなく、他社も多く光回線に参入してきているので、「インターネットならフレッツ光!」とも一概には言えなくなってきました。

そこで、今回はフレッツ光西日本のエリアで入れる光回線をまとめてみました。

インターネット回線は、スマホ割が適用されるメリットから、主に使っているキャリアによって決めるのがいいでしょう。

・auをお使いの方は、auひかり(https://au-hikarinet.com/)
・ソフトバンクをお使いの方は、ソフトバンク光(https://hikari-softbank.jp/)
・ドコモをお使いの方は、ドコモ光(https://gmobb.jp/service/docomohikari/)

フレッツ光・光コラボ・光回線について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

西日本のエリア

日本地図

大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、石川県、富山県、福井県、広島県、山口県、島根県、岡山県、鳥取県、愛媛県、香川県、徳島県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

比較の前にエリアをおさらいしておきましょう。
地図を見て分かる通り、ちょうど日本の真ん中らへんでスパっと区切って西と東で分かれています。

エリア外となる場合

また西日本エリアだとしてもこれらの理由で申し込み出来ない場合もあります。

  1. 電線が遠すぎたりして物理的に引けない
  2. マンションに設備が導入されていない

その他地域によっても一部提供エリア外となってしまうところがあります。

詳しく調べるにはまずは申し込んでみて、調査をしてもらいましょう。

西日本エリアのインターネット回線を徹底比較

それでは、西日本エリアではどんな選択肢があってなにが違うのかをまとめていきます。

比較するのはこちらです。

  • フレッツ光
  • 光コラボレーション
  • auひかり

特徴を知って是非自分自身のオンリーワンを見つけて見てください。

フレッツ光西日本の内容とメリット・デメリット

  • 料金:5,400円(プロバイダーOCN)
  • 速度:1ギガ
  • 電話:+500円~
  • 特典:最大70,000円キャッシュバック有

西日本のフレッツ光はプロバイダー込みで6,000円を切るようになりとっても安くなりました。速度ももちろんギガでサクサク使えます。

また、フレッツ光のメリットとしては申し込んで開通までが2週間程度でとっても迅速な対応です。(混み具合にもよりますが・・・)

一方デメリットは利用者数が多いことによるネット回線の混雑です。

土曜日の夜など繋がりづらい時間帯が地域によっては出てくることもあるので、オンラインゲームなど速度命のスピード狂の方は運が悪いと遅く感じることがあるかもしれません。

フレッツ光はキャッシュバックが少なくなった?!

今まで電気屋さんなどで過剰なPRをしていたので、「フレッツ光に入るとお得」というイメージはなんとなくあるかと思いますが、現在フレッツ光のキャッシュバックが激減しています。

その理由は「光コラボレーションの参入」です。ドコモやソフトバンク、OCNやソネットなど、あらゆる会社がフレッツ光の回線を使ってインターネットサービスを出来るようになったため、今まで販売に力を入れていたフレッツ光はこれからは他の会社へのレンタルに力を入れるようになったためです。

ということで、電気屋さんを回ってみてもあれだけ出していた「ゲーム機プレゼント!」や「家電大幅割引!」という文字はほとんど消えてしまっています。

しかし、探してみると現在も高額キャッシュバックを継続している「ネットナビ」という代理店がありました。キャッシュバックはなんと最大70,000円(現金)です。

ですが、高額キャッシュバックを可能にするためにあらゆるオプションの加入が必要となっています。

ネットナビ:フレッツ光キャンペーン実施中!

少しでもお得に申し込みたい人はネットナビで。
オプションはちょっと面倒ですが後から電話で解約すれば問題ありませんし、〈こちらの記事〉でもオプションの外し方やネットナビの内容などをまとめていますので参考にしながらやってみてください。

オプションに入ったりするのが面倒な人も、電気屋さんなどで申し込むと何ももらえずにもったいないので、オプション不要でキャッシュバックがもらえるラプターで申し込んでみてください。 

光コラボレーションの内容とメリット・デメリット

  • 料金:5,200円(プロバイダー込み)
  • 速度:1ギガ
  • 電話:500円
  • 特典:ほとんど無し

(ソフトバンク光の場合)

先ほども出てきた光コラボレーションのほとんどが上記の料金で提供をしています。

現在有名なものだけでもこれだけの光コラボレーションが開始しています。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • So-net光
  • ぷらら光
  • BIGLOBE光
  • TSUTAYA光

「光コラボレーションって一体何なの?」と思う人もいるかと思いますが、光コラボレーションではそれぞれの光で特殊なサービスがあるので、人によってはとってもお得になるということです。

例えばドコモ光ソフトバンク光なら同じスマホの料金がセットで安くなったり、プロバイダーの光ならsimカードがセットで安かったり、TSUTAYA光ならレンタルビデオがセットで見れたりします。

また、純粋なネット料金で比較すると光コラボの方が安いので、フレッツ光よりよさそうな雰囲気があります。

一方デメリットですが、回線によってはプロパイダが自由に選べないことが挙げられます。

auひかりの内容とメリット・デメリット

  • 料金:5,100円(プロバイダー込み)
  • 速度:1ギガ
  • 電話:+500円
  • 特典:60,000円キャッシュバック有

インターネットといえばフレッツ光に続いて有名なのがauひかり。上記の光コラボとは異なり、KDDIが提供している光回線です。KDDI独自の回線を使って通信を行うので、フレッツ光よりもサクサク速いですし、料金がなにより安い。サポートもかなり充実しているので満足度の高い光回線です。

さらにauのスマホを使っている人はセットで割引が入るのでお得ですし、他社ユーザーでもキャッシュバックがもらえるのでお得です。

また、フルコミットという代理店から申し込むとキャッシュバックが現金で60,000円も受け取ることが出来ます。不要なオプションに加入する必要もないので、いらない場合は外すのもカンタンです。詳しくはこちらの記事にまとめています。

デメリットをあげるとしたらエリアが狭いことです。
西日本エリアの中でも入れないところがポツポツあります。

まずは「入れたらラッキー」という感じで申し込みをしてみましょう。

フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

まとめ

まとめると、

  • 光コラボレーションではセット割などでお得に利用できる。
    →ソフトバンクユーザーはソフトバンク光でスマホ代が割引に!
    →ドコモユーザーはドコモ光
  • auひかりはキャッシュバックも高額&auユーザーはスマホ料金が割引される。
  • 「どうしてもNTTがいい」というような人はフレッツ光

となります。

お得で快適なインターネット生活の参考に、気になるところをチェックしてみてくださいね♪

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較