サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

auひかりのプロバイダーを変更する裏ワザ

  /    
  失敗しない乗り換え術

今現在auひかりを使っているけど、他の人にいいプロバイダーを紹介されたり、口コミを聞いたりすることもあると思います。

また、今使っているプロバイダーにこだわりがないのであれば、更新月をきっかけに変えてしまうのも1つの手です。

「プロバイダーを変更するときに、なにか必要なことってあるの?」

変更となると、色々と手続きもあるし違約金がかかったりと面倒なこともあるので事前に知っておきたいですよね。

ここでは、そんな時にプロバイダーを乗り換えることが出来るのか、またどのように変更するのかをまとめてみました。

プロバイダーを変更しようか悩んでいる人は、是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

<auひかりのオススメプロバイダー比較はこちら>

auひかりのプロバイダーを変更することは出来るの?

まず最初に、auひかりではプロバイダーのみの変更をすることが出来ません。

auひかりの場合主契約とプロバイダーはセットになっているので、今使っているプロバイダーを辞めた瞬間主契約も解約扱いになってしまうのです。

しかしそれでも変更したい場合には、こんな方法があります。

今使っているauひかりを解約して、新たにauひかりに入りなおす。

「プロバイダーだけ変えることは出来ないので、一度解約してして、自分の好きなプロバイダーで新しく入り直す」
この方法なら、実質プロバイダーを変えることが出来ます。

解約することにより違約金がかかる恐れがありますが、新しく新規契約することで逆にキャッシュバックが貰えるので、そちらでまかなうことも出来ます。

そうすることで実質費用はかからずに、プロバイダーを変更するということが出来ます。

しかし、auひかりに入り直すことで何故かもう一度工事が入ります。
auひかりの回線はすでに引いているはずですが、その上からもう一本同じ回線を通すことになります。

特に美観が気にならなければそれ自体は問題ありませんし、再工事もキャンペーンで負担はありませんが、「どうしてもプロバイダーを変えたい!」「キャッシュバックが欲しい!」という以外の場合ならそのまま使っていた方が簡単です。

変更までの3つの手順

それでは変更までの手順を紹介していきます。

1、希望のプロバイダーで新規契約をする

まず最初に新規契約をします。
申し込みを済ませると後日工事日を決める電話がかかってくるので、立ち会える日程を伝えます。

現在のauひかりはまだそのままにしておきます。
こうすることで、切り替えまで「ネットが使えない」ということを防ぎます。

2、工事に立ち会う

日程の日になりましたら1時間程度の工事に立ち会います。
一度はauひかりを入れているので、比較的スムーズに行くかと思います。

3、開通したら古い方のauひかりを解約

工事が終わったら新しいプロバイダーで使えるようになります。

この状態ではauひかりを2つ契約している状態になっているので、元のプロバイダーに解約の電話をして契約を1つにします。

注意点、変更点

手順はこの3ステップでカンタンですが、いくつかの注意点があります。
こちらを先に確認してください。

違約金の確認を先にする

キャッシュバックがあるので違約金などはまかなえますし、場合によっては戻りの方が多くなることもあります。

しかしその逆、違約金の方が上回る場合もあるので、先に加入中のプロバイダーに電話で確認しておくと安心です。

auひかりの違約金

  • ホーム=15,000円 (更新月は0円)
  • マンション=なし

マンションには違約金が発生しませんが、戸建てのホームタイプであれば、更新月以外の解約に違約金がかかります。

更新は3年間の自動更新なので、auひかりに入ってからちょうど3年目(6年目、9年目・・・)なら違約金はかかりません。

初期費用

auひかりでは違約金の他に初期費用がありますが、長く使うことで無料になります。

約束の期間を過ぎていないと初期費用もかかりますので確認しましょう。(auひかりに入ってから5年以上経っていればかかりません

【加入してから5年経っていない場合に解約した時の初期費用負担額】

ホームの場合(60-利用した月数)×625

マンションの場合(24-利用した月数)×1250

例えばホームの場合で、加入してから15ヶ月使っている場合は、【(60-15)×625=28125】となるので、28,125かかることになります。

違約金と合わせると全部で43,125円かかることになりますので、4.5万円以上のキャッシュバックがあれば相殺出来ます。

  • マイナスになった場合は初期費用の負担はありません
  • 目安ですので正確には各プロバイダーにご確認下さい

違約金の支払い時期、方法

違約金は翌月の最後の請求に上乗せされてきます。

なのでもしキャッシュバックまでに時間がかかる場合には、一度違約金の立て替えが必要になります。

マンションタイプの場合、使えなくなる期間がある

戸建てタイプではauひかりを2契約まで出来るので、契約を一瞬かぶらせることでネットを使えなくなる期間をなくすことが出来ますが、マンションタイプではそれが出来ません。

なので、マンションで入りなおす場合は、一度今の契約を解約してから新規で申し込む必要があります。

なので、新たに開通するまでの間(約2週間)はネットや固定電話が使えなくなってしまいます。

工事がもう一度入る

現在auひかりが入っている場合でも、工事が入ります。

今の線はそのままにもう一本の回線を引き込むので、合わせて2本のauひかりの回線が入ることになります。(通信にはまったく問題はありません)

また、宅内のホームゲートウェイも新しいものに変更となり、今まで使っていた機器は返却となります。(後日返送用の袋が届きます)

固定電話の番号が変わる

auひかりからauひかりへの電話番号の引継ぎは出来ません。なので今ある番号をそのまま新しい契約で使うことは出来ません。

しかし、NTTからauひかりへの引継ぎは出来るので、どうしてもという場合は一度現在のauひかりの電話をNTTに戻して、そこから新しいauひかりに引き継がせるという方法もあります。

しかし時間と費用がかかるのと、場合によってはNTTに戻せない番号もありますので、番号変更してしまった方がカンタンです。

まとめ

以上、auひかりのプロバイダーの変更方法でした。是非参考にしてみてください。

また、プロバイダだけではなく、auひかりから回線ごと乗り換えるのも方法の1つですよ。

あなたに合ったおすすめのネット回線はこれだ!

「インターネットを引きたいけどどこを選べばいいか分からない!」

そんなあなたに、インターネット回線を選ぶポイントをお伝えします!

インターネット回線を選ぶポイントは毎月の料金だけではありません。

たとえば、スマホとのセット割申し込み特典がある回線を選べばより通信費を節約できますよ。

※使っているキャリアを選んでください。解説している場所までジャンプします。

携帯キャリアがauの方はこちら

携帯キャリアSoftBankの方はこちら

携帯キャリアがドコモの方はこちら

是非あなたのインターネット回線選びの参考にしてみて下さいね!

auを使っているならauひかり《最大60,000円キャッシュバック!》

auを使っている人に一番おすすめな光回線が「auひかり」です。

家族のauスマホ一台につき、携帯料金が500~1,000円割引されるので、通信費の大幅節約に!

さらに、KDDI独自の回線を利用しているので、シェアの大きいNTT回線よりも回線が混み合いづらい=回線速度が出やすいのも特徴。

auを使っているなら、auひかりを第一に考えましょう。

月額料金(戸建て) 5,100~4,900円
月額料金(マンション) 3,800円
工事費実質無料
乗り換え時 違約金最大30,000円還元
+
最大25,000円キャッシュバック
スマホとのセット割 auスマホ1台につき最大1,000円割引

ちなみにauひかりを申し込むなら、auひかりの正規代理店「フルコミット」からの申し込みがオススメですよ。

最短翌月末に最大60,000円のキャッシュバックがもらえます。

auひかり フルコミットのキャッシュバックキャンペーン
  • ネット回線+ひかり電話で60,000円キャッシュバック!
    ※ネット回線のみでも必ず50,000円キャッシュバック!
  • 電話で口座番号を伝えるだけだから手続きが簡単!
  • 最短翌月にキャッシュバックを受け取れる!
フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

関連記事:auひかりの代理店「フルコミット」はおすすめ?

So-net光プラス《auひかりがエリア外の方は必見!全国エリア対応!》

auひかりを契約したくても「auひかりが提供エリア外だった・・・。」と契約が出来ない場合もあります。そんな方は「So-net光 プラス」を検討しましょう。

NTTの回線を使った光回線なので、auひかりがエリア外だった方も契約できるかもしれません!

So-net光プラスはauひかりと同じくauスマホの料金を割引してくれる「auスマートバリュー」に対応しています。

v6プラスに対応しているので、回線が混雑しておこる速度低下も回避できますよ!

月額料金(戸建て) 3,980円(3年間)
月額料金(マンション) 2,980円(3年間)
工事費 実質無料
キャリア割引 auスマホ1台につき最大1,000円割引

So-net光プラスを申し込むのであれば、サービス提供元であるSo-netの公式サイトから申し込むのがお得ですよ。

auひかりと違いキャッシュバックはありませんが、3年間月額料金が割引されて月々の料金が抑えられます。

So-net光プラス

  • 月額料金を3年間割引!
  • 戸建てタイプ:3,980円(3年間)
  • マンションタイプ:2,980円(3年間)
So-net光からの申し込みはコチラから

【So-net 光 コラボ】

関連記事:So-net光プラスの評判・口コミをチェック!

SoftBankをお使いの方は「NURO光」がオススメ!

SoftBankのスマホを使っている方にまず検討してもらいたいのが「NURO光」です。

NURO光は契約できるエリアこそ限られていますが、月額料金も諸々込みで安く、最大速度も2Gbpsと他の光回線にはない魅力があります!

そして、SoftBankスマホとのセット割が適用できるので、携帯料金も節約できます。

月額料金(戸建て) 4,743円
※無線LAN・セキュリティ込み
月額料金(マンション) 1,900~2,500円
工事費 実質無料
スマホとのセット割 SoftBankスマホ1台につき最大1,000円割引
提供エリア 関東・関西・東海・九州・北海道

NURO光を申し込むならサービス提供元である「So-net」の特設ページから申し込むのがおすすめです。

開通から2ヵ月後に45,000円のキャッシュバックがもらえますよ。公式窓口というのも安心ですね。

【公式】NURO光

  • 45,000円キャッシュバック!
  • 開通から2か月後に振り込み
  • 有料オプション加入不要
NURO光への申し込みはコチラから

NURO 光

関連記事:NURO光のキャンペーン比較!

ソフトバンク光《スマホがSoftBankでNURO光がエリア外の方にオススメ!》

SoftBankスマホを使っていてNURO光がエリア外だった方は、セット割で携帯料金を割引できる「ソフトバンク光」がオススメですよ。

確かに、ソフトバンク光のプロバイダ「Yahoo!BB」は利用者が多いので、そのまま使うと混雑して速度が遅くなりやすいデメリットがあります。しかし無料オプションの「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用すると、混雑を避けられますよ。

月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 3,800円
乗り換え特典 ①違約金最大100,000円還元
②24ヶ月間1,000円割引
or
24,000円分の商品券
スマホとのセット割 SoftBankスマホ1台につき最大1,000円割引

ソフトバンク光を申し込むなら代理店「STORY」から申し込みましょう。

有料オプション不要で2ヵ月後に33,000円キャッシュバックがもらえますよ!

ソフトバンク光 正規販売代理店STORY

  • 最短2カ月後に33,000円キャッシュバック!
  • 有料オプション加入不要!
  • 申請手続きもカンタン!工事完了時に電話して手続き完了!
STORYへの申し込みはコチラから

ソフトバンク光

関連記事:ソフトバンク光のキャンペーン比較!

docomoのスマホを使っているなら「ドコモ光」!

docomoのスマホを利用中なら唯一セット割が適用できる「ドコモ光」がおすすめですよ!

「v6プラス」に対応したプロバイダを契約すると、回線の混雑を避けられて快適に通信できます。

月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 4,000円
工事費無料
2019年9月1日~
特典dポイント最大10,000pt
スマホとのセット割 《ギガホ・ギガライト》
docomo回線一台につき最大1,000円割引
《カケホーダイ&パケあえるプラン》
データプランから100~3,500円割引

ドコモ光を申し込むなら、GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめですよ。

高性能無線LANルーターが無料でレンタルできる上に、最大20,000円のキャッシュバックがもらえます!

ドコモ光のプロバイダGMOとくとくBB
  • 最大20,000円キャッシュバック!
  • v6プラス対応無線LANルーターを無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • セキュリティサービスが1年間無料
GMOとくとくBBへの申し込みはコチラから

GMOとくとくBBのドコモ光

※もっと詳しく見たい場合は《インターネット回線を比較》こちらの記事も参考にしてください。

  関連記事

 - 失敗しない乗り換え術