サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

フレッツ光コラボレーションに転用する前に!3つのデメリット

  /    
  失敗しない乗り換え術

ソフトバンク光・ドコモ光・OCN光・So-net光・BIGLOBE光・Hi-ho光・ビック光・エディオン光

などなど、フレッツ光がコラボレーションを初めたことで、たくさんの光回線サービスが新しく出てきました。

さくまる

毎月の通信費が安くなるみたいだけど、そうはいっても不安だな~

  • 「営業の人は良い事しか言わないけどそんな良い話ある?」
  • 「安くなるのはいいけどデメリットはないの?」
  • 「とにかく面倒くさいことになるのが嫌だ!」

今回はそんなあなたのために、光コラボの内容と知っておきたいデメリット、そして最後には数ある中からオススメ出来る光コラボをランキングにしてまとめてみました。

<結論:光コラボは以下の点でオススメ!>

  • スマホとのセット割で1台につき最大1,000円割引される
  • 遅い速度は改善できる
  • キャッシュバックや割引などの特典が充実

使っているスマホに合わせた光コラボを契約することで、通信費の大幅な節約が見込めますよ。

<スマホ別のオススメ光コラボ>
・SoftBank→ソフトバンク光 33,000円キャッシュバック
・docomo→ドコモ光 最大20,000円キャッシュバック
・au→So-net光プラス3年間で50,000円以上の割引

「もっと安くしたいけど後悔はしたくない!」というあなたは是非参考にしてみてくださいね!

光コラボのメリットをおさらい!

まずは光コラボって何?というところから簡単におさらいしていきます。

NTTは2015年からフレッツ光の回線を他社にレンタルするようになりました。 プロバイダーや携帯会社を中心に様々な企業が光回線サービスを出来るようになったんです。

それにより、こんな3つのメリットが生まれたんです。

フレッツ光から転用出来る

今まで光回線を乗り換えるとなると新しく工事を入れ直さなければならず、気軽には乗り換えることが出来ませんでした。

光コラボはフレッツ光の回線を使っているので、フレッツ光から乗り換える時は「転用」という形がとれます。それにより「工事が入らずそのまま乗り換えられる」という大きなメリットが生まれました。

またフレッツ光の違約金も免除となるので、今まで「めんどくさい」「契約が残っていて変えられない」という人でも簡単に乗り換えることが出来るんですね。

料金が安くなる

光コラボに乗り換える一番の理由としては、「毎月のネット料金が安くなる」というシンプルな理由があります。

今までフレッツ光では、ネット料金の5,000円に、プロバイダー料が別で1,000円程度かかっていたので、合わせると6,000円を超えてしまっていました。

しかし、光コラボではプロバイダー料金が一緒に請求されるので、請求も1つにまとまり、料金も5,000円前後で使えるようになります。

セット割

光コラボは数多くありますが、それぞれ特有のセット割が魅力です。

  • 携帯キャリアの光なら→スマホが割引に
  • プロバイダーの光なら→simカードが割引に

他にもTSUTAYAの光なら映画が安く見れたり、電機屋さんの光ならポイントが付いたりと、変わったサービスを受けることが出来ます。

今までこういった割引はフレッツ光にはなかったものなので、とてもお得になります。

光コラボ3つのデメリット

「簡単に乗り換えられて毎月安くなる。」

これだけ聞くとすぐにでも乗り換えたくなってしまいますが、実は光コラボにもデメリットと呼べる気になる点が大きく分けて3つあります。

良い所だけでなく悪い所も知った上で入った方が、後のトラブルも減りますし安心だと思うので、こちらもチェックしていきましょう。

1、フレッツ光より速度が遅くなった!?

フレッツ光と回線は変わらないので光コラボに変えても同じ速度で使えるはずなのですが、「速度が遅くなった!」という口コミがどの光コラボにも出ています。

原因として考えられるのは、プロバイダーが変わったことによる回線の混雑が挙げられます。

例えば、同じ地域に同じプロバイダーを利用している人が多いほど、回線は混雑し速度低下の原因になります。

光コラボによっては混雑を回避して、快適に通信できる「v6プラス」などのオプションも使えますよ。快適にインターネットをしたい方はチェックしてみましょう。

地域や建物によっても速度が変わるようですが、実際速いのかどうかを確かめるには申し込んでみるしかありません・・・。

オンラインゲームをしていたり仕事で使っていたりと、速度を重視する人は少しリスクが高いかもしれませんね。

しかし、万が一の時でも無料で解約が出来るクーリング・オフのような制度がある光回線もあるので、どうしても不安な人はこちらを選ぶと良さそうです。

2、窓口が繋がらない!?

今までフレッツ光を使うにはNTTとプロバイダーの2社と契約しなければならず、問い合わせ先も2つある状態でした。

なので、今までは何かあった時にどちらにかけたらいいか分からなかったり、たらい回しにされるようなことも多くありましたが、これからはそれが一つになるので簡単になるというメリットがあります。

しかし、光コラボではお客様センターに繋がりづらいというトラブルが多くあるようです。

何もなければ問題ありませんが、何かあった時に電話が繋がらないのは困ってしまいますよね。

あまりマイナーすぎる会社を選ぶと特に不安なので、選ぶなら大手の光コラボを選んだ方が安心出来そうです。

3、キャッシュバックが少ない!?

光回線と聞いて思い浮かぶものにお得なキャンペーンがあります。

無料パソコン、ゲーム機プレゼント、現金キャッシュバックなど光に申し込むとお得なイメージがありますよね。

今回も光コラボに入る際にはお得に乗り換えたいと思いちょっと調べてみました。 回線の検討なんて何度もする機会はありませんから、ちゃんと還元してくれるところで申し込みたいですよね。

が、なんと光コラボレーションのほとんどがキャンペーンをしておらず、あっても少額。また、その他のキャンペーンやプレゼントなどを行っている代理店もかなり少ない状態です。

なぜこんなにもキャッシュバックが少ないのか。考えられる理由は、この光コラボの仕組みに関係があります。

光コラボとは他社プロバイダーがNTTから線をレンタルすることで光回線を提供出来ます。つまり、レンタル料がかかるということです。

また、他社と差別化を図るために施策をうちます。(ソフトバンク光ならスマホとのセット割など)

今までフレッツ光は料金の大半を得ることが出来たのでその分をキャッシュバックなどに回せましたが、料金の中から毎月NTTにレンタル料を払い、割引サービスも合わせて提供している光コラボにはキャッシュバックに回る予算がありません。

つまり、光コラボは工事など入らずにただ毎月の料金を下げられるような仕組みにしているために、キャッシュバックを行うと赤字になってしまいます。

そのためにキャッシュバックは少ない状態になってるんですね。

しかし中にはちゃんとキャンペーンを行っている光コラボもあるので、どうせならキャッシュバックのあるお得な回線を選びましょう。

光コラボおすすめランキング

ここまでデメリットを紹介してきましたが、一番おすすめ出来ないのは「今のままフレッツ光を使い続ける」という方法です。

なぜなら、フレッツ光は光回線の中でも一番高いからです。今ではもっと安くインターネットを使えるようになっているのに、いつまでも高い回線を使い続けるのはもったいないですよね。

「でも遅くなったりトラブルがありそうで不安!」と言うあなたでも安心しておすすめ出来る光コラボを最後にまとめてみましたので、是非こちらも参考にしてみてください。

1位、ソフトバンク光

月額料金 5,200円
スマホ割 SoftBank
キャッシュバック 33,000円

光コラボの中でも一番人気の「ソフトバンク光」。フレッツ光よりも毎月安くなり、さらにソフトバンクのスマホがあればセットで割引も入る、とてもお得な光回線です。

また光コラボにはデメリットがありましたが、それでもソフトバンク光にはおすすめ出来る2つの理由があります。

キャッシュバックが高額

キャンペーンが少ない中、ソフトバンクではキャンペーンページから新規で契約すると33,000円のキャッシュバックを現金で受け取ることが出来ます。(口座振込)

有料オプションに入る必要もなく、2か月後にもらえるので安心ですよ。

工事も入らずに転用出来て毎月安くなり、さらにキャッシュバックを貰えるのはかなり嬉しいポイントです。

遅かったらクーリング・オフ出来る?!

ソフトバンク光は大分改善してきて速度も問題なく使えている人が増えてきてはいますが、場合によっては遅くなってしまうこともあるかもしれません。

ですが、ソフトバンク光は開通してから8日までは違約金免除で解約することが出来るんです。(転用手数料3,000円は負担)

光コラボの評判を見ても、遅くなった人と速くなった人がいて、自分の場合はどちらなのかは正直入ってみないと分かりません。

だけど「もしかしたら遅くなるかも」という不明確な理由でこんなに安くなる機会を逃すのはちょっともったいないですよね。

現在はキャッシュバックも高額でお得な時期ですし、速度も速く使える人が増えています。また、万が一の時も解約出来るので、後から後悔することもありません。

そんなあなたは是非ソフトバンク光に一度申し込んでみましょう。

ソフトバンク光を申し込む

ソフトバンク光の詳細はこちら

2位、ドコモ光

月額料金 5,200円
スマホ割 ドコモ
キャンペーン ・工事費無料 ※2019年9月1日(日)~ ・最大20,000円キャッシュバック ・10,000円分のdポイント ・無線LANルーター無料レンタル

もう一つの携帯キャリアの光回線である「ドコモ光」。こちらもドコモのスマホがあればセットで割引が入ります。

dポイントのキャッシュバックもありますし、無線LANルーターがセットで付いてくるキャンペーンがお得です。

また、速度に関しては、プロバイダー「GMOとくとくBB」を選ぶことで、かなり速い速度が出るようになります。

ドコモユーザーは是非ドコモ光GMOとくとくBBで申し込みましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBを申し込む

※現金最大20,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

ドコモ光の詳細はこちら

3位、So-net光プラス

月額料金 3,980円
スマホ割 au
キャンペーン 3年間月額料金を割引 総額54,000円

auスマホをお使いの方は「So-net光プラス」がおすすめです。

auとのセット割で携帯料金から割引が効きますし、3年間は割引キャンペーンによって、月額料金が3,980円と低コストに抑えられます。

キャッシュバックをもらうより月々の料金が安いほうが嬉しいという方にはピッタリですよ。

また速度面も、混雑しない次世代回線「v6プラス」を利用できるので、快適な通信が期待できます。

So-net光プラスを申し込む

【おまけ】速度で選ぶならauひかり

「いくら安くなったとしても速度が遅ければ意味がない!」

「オンラインゲームをしたいから速度が速くないと困る!」

という速度重視の人は「auひかり」がおすすめです。

月額料金 5,100円
スマホ割 au
キャンペーン ・現金60,000円キャッシュバック ・違約金返金

auひかりは歴史も長くサポートも万全。速度に関してはゴールデンタイムなどの時間帯も安定してサクサクネットが繋がると人気の回線なんです。

光コラボはNTTの回線ですが、auひかりはKDDIの回線です。NTTの回線よりも比較的利用者が少ないので、速度が出やすい特徴があります。

光コラボではないので乗り換えに工事は入ってしまいますが、工事費はキャンペーンで無料になりますし、違約金もKDDIが負担してくれるので実は簡単に乗り換えることが出来ます。

また、キャッシュバックも業界ナンバーワン。最大60,000円と高額で嬉しいですね。 ストレスなく安心して長く使い続けたいあなたにはauひかりがオススメです。

auひかりを申し込む

auひかりの詳細はこちら

まとめ

以上光コラボのデメリットまとめでした。

もう一度おさらいすると、光コラボには3つのデメリットがあることが判明しました。

  1. 回線の速度が遅い→v6プラスで解決
  2. 窓口へ繋がりづらい→有名な会社なら比較的繋がりやすい
  3. キャッシュバックが少ない→窓口によっては高額なところも

しかし、どれも解決できるデメリットでもあるので、気にならない人には気にならないレベルであるといえます。 光コラボはセット割やキャンペーンが充実していることから、通信費も節約できてオススメですよ。

 

  • 光コラボに入るなら→スマホとのセット割が適用できる光コラボを。 キャッシュバックやスマホ割でお得ですし、万が一の場合は解約出来ます。
  • 速度を優先するなら→「auひかり」 工事は入りますが、速度は圧倒的に速く安定します。キャッシュバック&スマホ割も有

是非参考にして今よりももっとお得にインターネットを使っていきましょう!

  関連記事

 - 失敗しない乗り換え術