サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【必‌読】WiMAX(‌ワ‌イ‌マッ‌ク‌ス)‌を‌契‌約‌す‌る‌前‌に‌知っ‌て‌お‌く‌べ‌き‌全‌知‌識‌

  /    
  今更聞けないネット選びの基礎知識

必読!WiMAXを契約する前に知っておきべき全知識

WiMAXをこれから使いたいという人は、本当にWiMAXが必要なのか、利用料金はどのくらいなのかを契約前によく確認しておくことが大切です。

  • 実際にWiMAXが使えるエリアなのか
  • インターネットの利用時に満足できる通信速度なのか
  • どこで申し込めばお得になるのか

このようなポイントを事前におさえておくことで、より快適に、そしてお得にWiMAXを利用できます。

利用する状況はそれぞれ違うため、WiMAXのメリットやデメリットを整理して契約しないと「こんなはずじゃなかった…」と後悔するはめになるかもしれません。

この記事では、WiMAXの契約を迷っている方に向けて「契約する前に知っておくべきWiMAXの知識」を詳しくご紹介します。

さくまる

ちなみに契約先はGMOのWiMAXが支払額が安くなるという理由で、オススメしているんだけど、すぐに契約先を比較したい方はこちらをクリックするまる!

WiMAX(ワイマックス)とは?

UQコミュニケーションズがWiMAXののサービス提供元
UQ コミュニケーションズがWiMAXのサービス提供元

WiMAXはLTE、4G回線などの通信方式の規格の一つで、日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しています。

スマホなどで使われる回線は通話もできますが、WiMAX回線は通話のできないデータ通信専用の回線です。

WiMAXと同じようなサービスにポケットWi-Fiと呼ばれるものがあります。

さくまる

WiMAXとポケットWi-Fiの大きな違いは「サービスの提供元」。WiMAXはUQコミュニケーションの回線がもとになるから「WiMAX回線」。ポケットWi-Fiはソフトバンクやドコモが提供している回線を使うから「LTE回線」まる!

先におさえておくべきWiMAXの5つのデメリット

WiMAXについての知識をより深めるためにも、まずはWiMAXのデメリットを把握しておくことが重要です。

  1. 利用できないエリアも一定数存在
  2. 室内・屋内の壁などの障害物にやや弱い
  3. 電波の安定性が悪い場合がある
  4. 使いすぎると速度制限がかかる
  5. 途中解約で違約金が発生する

デメリットは5つ挙げられますが、自分の利用シーンを想像しながらネックとなる項目がないかチェックしてみてください。

①利用できないエリアも一定数存在

公式サイトのエリア確認画面
公式サイトのエリア確認画面

WiMAXを契約する前にエリアの確認を行っておくことは非常に重要です。

WiMAXの使用可能エリアは拡大を続けていて、人口が多いエリアではほとんど問題なく使用できますが、地方に行くとWiMAXの基地局数が減るためカバーしきれないエリアも出てきます。

WiMAXのホームページでは使用可能なサービスエリアを公開しており、情報は随時更新されています。WiMAX契約前には自分がWiMAXを使用したいエリアで通信できるかどうかを事前に確認しておくことが重要です。

WiMAXのエリアを確認する

②室内・屋内の壁などの障害物にやや弱い

WiMAXの電波の周波数はスマホなどの電波の周波数よりも高めの2.5 GHz が使われていています。

2.5 GHz の周波数は高速である一方で障害物に弱い特性があり、高層ビルや電波を遮るような建築物のそばでは十分に電波を拾えない可能性があります。

WiMAXと4GLTE回線の違い

WiMAXの使用可能エリア内であっても電波が遮られてしまえば、通信できなくなることがあるので十分に確認が必要です。

さくまる

地下鉄にのるとWiMAXが急に繋がらなくなるのは、これが原因まる!障害物に弱い反面、繋がりやすい場所では高速に通信ができる!なに事も一長一短まるね。

③電波の安定性が悪い場合がある

WiMAXを固定回線代わりに利用したいと考えている人は、WiMAXは本来持ち運びのできる移動式の通信回線だということをもう一度認識しておく必要があります。

基本的に電波を無線で受信してインターネット接続を行うため、固定回線に比べてどうしても通信が不安定になりがちです。

もちろん、機器の改善や基地局の増加により昔に比べて驚くほどWiMAXの電波は安定するようになりましたが、固定回線と比べるとどうしても見劣りする部分もあります。

ネットオンラインゲームを利用しようかと考えている人は、固定回線との併用も検討しましょう。

④使いすぎると速度制限がかかる

WiMAXを固定回線と同じような感覚で利用したいという人も多いですが、スマホなどと同じように、WiMAXも使いすぎると通信速度制限がかかってしまいます。

WiMAXのギガ放題プランは月間の通信制限は設けていないものの、直近3日間で通信量が10GBを超えた場合には速度制限がかかるようになっています。

制限がかかるのは翌日の18時~深夜2時の限定的な時間帯で、直近3日間の合計通信量が10GBを下回るようになれば制限は解除されます。

⑤途中解約で違約金が発生する

WiMAXのギガ放題プランの契約期間は2年もしくは3年です。

UQ Flatツープラスの契約期間は2年、3年、4年が原則となっています。契約は自動更新で契約途中での解約には違約金が発生します。

契約満了月の末日もしくはその翌月の更新月以外の解約には注意が必要です。

【2年契約の場合】

契約解除時期 契約解除料金
課金開始日~13か月間 19,000円
14~25か月目 14,000円
25か月目「満了月」の末日~更新月内 0円
26か月以降 9,500円

【3年契約の場合】

契約解除時期 契約解除料金
課金開始日~13か月間 19,000円
14~25か月目 14,000円
26~37か月 9,500円
37か月目「満了月」の末日~更新月内 0円
38か月以降 9,500円

【4年契約の場合】

契約解除時期 契約解除料金
課金開始日~13か月間 19,000円
14~25か月目 14,000円
26~49か月 9,500円
49か月目「満了月」の末日~更新月内 0円
50か月以降 9,500円

デメリットがあっても便利すぎるWiMAXの10のメリット!

デメリット以上にあるWiMAXの魅力

WiMAXのデメリットは昔に比べて大幅に改善されているものの、比較対象によってはどうしても気になる点がわずかに残ってしまうのも事実です。

しかし、そんなデメリットさえ吹き消してしまうほどWiMAXには使いたくなるメリットがたくさんあります。

  1. 工事不要!即日利用できる!
  2. 通信速度が速い!
  3. 小さく軽いのでどこでも持ち運びが可能!
  4. 配線がなくお部屋がスッキリ!
  5. 複数デバイスで同時利用!
  6. 通信費用が格安!
  7. スマホのデータプラン費用を安く抑えることができる!
  8. 外出時の急な仕事の対応ができる!
  9. Wi-Fi利用可能スポットを意識せずスポット選定ができる!
  10. 外でもYouTubeやゲームを気にせず利用できる!

①工事不要!即日利用できる!

WiMAXの最大のメリットは、工事不要で契約したその日から即日利用できるという点です。

通常、インターネットを利用するにはインターネットの通信回線を自宅に引き込む工事を行う必要がありますが、WiMAXの利用では工事などは一切必要ありません。

WiMAXは最短で申し込んだ当日からすぐにインターネット利用が可能で、引っ越しなどで移動してもそのまま使うことができます。

②通信速度が速い!

WiMAXの通信速度は最新のモバイルルーターの登場により、これまでにも増して快適な高速通信が行えるようになりました。

USBケーブルを使ったデザリングにより下り最大1.2Gbpsに対応できるようになり、データ容量の大きな高画質動画もサクサク楽しむことができます。

通常インターネットを快適に楽しむのに必要なスピードが10~20Mbpsと言われています。30Mbps以上のスピードがあれば、オンラインゲームや動画もサクサクと見られて快適に使うことが可能です。

下記の表はみんなのネット回線速度から参照した、WX06でWiMAX回線を利用した場合の速度の参考値です。十分にインターネットを楽しめる速度なのがわかりますね。

下り平均速度 上り平均速度 ping値
 42.43Mbps  4.07Mbps  88.17ms

※2019年11月12日に計測

さくまる

この表を見ればわかるように、実際に100Mbps以上のスピードが出ている人も!なかなか快適に楽しめなかった高画質動画もストレスなく楽して、自宅にいるような感覚でどこででもインターネット通信を楽しむことができるまる!

実測はインターネット環境や使用機器により異なるため、使用状況に応じて大きく差が出ますが、WiMAXの最新機種の実測の平均下り速度はおおよそ42Mbpsです。

インターネット環境が悪いとされる人でもWiMAXの利用でインターネットを問題なく利用できるようになっています。

③小さく軽いのでどこでも持ち運びが可能!

WiMAXのモバイルルーターは非常に小さく、持ち運びにとても便利です。最新機種が一番小さく、重量が125g、厚み1.19㎝で名刺やカードより一回り大きいくらいのコンパクトサイズです。

そのほかの機種も重量が130g前後、厚みが1.2㎝程度と小さく、バッグやポケットなどに問題なく収まるので、とにかく持ち運びに向いています。

④配線がなくお部屋がスッキリ!

モバイルルーターの嬉しいポイントは固定回線のようにケーブルを必要としないところです。

LANケーブルなどを使ったインターネット通信では、ケーブルの長さ分しか接続機器を移動できず見栄えもよくありません。

WiMAXなら接続機器に電波の届く限りどこでも使え、部屋にケーブルが散らかることもありません。

⑤複数デバイスで同時利用!

WiMAXルーターを使ったインターネット通信では、同時に複数の機器を接続できます。

固定回線の場合はケーブル差込口の本数分しかインターネット接続を行えません。

WiMAXなら最新機器においては最大16台同時に無線でインターネットにつなげます。

⑥通信費用が格安!

WiMAXは非常に使い勝手が良く便利ですが、月額料金も格安に設定されています。

UQコミュニケーションズのWiMAXルーターのプランは、月間データ量上限なしのギガ放題プランで月額4,380円から使えます。

一般的な光回線の月額料金はプロバイダの料金と合わせて5,000円を超えるものが多いため、キャッシュバックなどを含まない単純な月額料金だけ見ても割安といえるでしょう。

⑦スマホのデータプラン費用を安く抑えることができる!

WiMAXを固定回線代わりに使いたいという人は多いですが、スマホと合わせて使うことで通信料金の節約につながります。

最近ではスマホで電話を使用する人は減っていて、どちらかといえばインターネットを使った利用が主流でしょう。しかしスマホで1か月に使えるデータ容量は決まっており、上限を超えて使用すると通信速度制限がかかってしまいます。

速度制限を回避するために大きい容量プランに申し込んだり、追加でデータ容量を購入すると、無駄に多くの通信費を払ってしまいかねません。

ですが、スマホとWiMAXを併用することで、月額料金を抑えつつデータ容量上限を気にせずインターネットを利用できるのです。

たとえば、auやドコモなどで使っているスマホのプランを一番料金の安いものにした上で、月額4,380円であるWiMAXのギガ放題プランに申し込みます。

auだと1,980円、ドコモだと3,218円にWiMAXの4,380円を加えた料金で、毎月インターネットを容量制限なく使えます。

スマホキャリアの大容量プランを申し込むよりも、料金を抑えてインターネットを好きなだけ使えるようになるというわけです。

さらに節約したい人は格安SIMのUQモバイルとUQWiMAXのセットプランを使えば、月額6,060円でインターネットを好きなだけ使えます。

⑧外出時の急な仕事の対応ができる!

WiMAXの利点は軽量コンパクトなモバイルルーターをどこでも持ち運べることです。WiMAXを持っていれば、外出時でもパソコンでインターネット接続でき、急な仕事の対応も行えます。

いつでもどこでも場所を選ばずに仕事の対応ができるのは大きなメリットです。

⑨Wi-Fi利用可能スポットを意識せずスポット選定ができる!

最近ではWi-Fiスポットなどの増加で、外出先でも気軽にインターネット接続が行えるようになりましたが、まだまだ場所が限定的というデメリットがあります。

わざわざカフェに入ってコーヒー代を負担しなければならなかったり、「1時間限定」などというところもあったりと意外と不便です。

WiMAXを持っていればWi-Fi利用可能スポットを探さなくても、いつでもどこでもインターネット利用が可能です。

さまざまな「縛り」を気にせずに、好きなところでインターネットが使えるのは大きなメリットでしょう。

⑩外でもYouTubeやゲームを気にせず利用できる!

WiMAXのギガ放題ならデータ容量上限がないので、外出先でも好きなだけYouTubeやオンラインゲームを楽しめます。

YouTubeやオンラインゲームは、データ容量を多く必要とするサービスです。

こういったサービスをスマホで楽しんでいる人のなかには、データ容量を超えてしまい追加料金を払ったり、制限がかかったまま不便に利用していたりすることもあるでしょう。

しかしWiMAXなら外出先でも通信量の多い動画サービスやゲームを楽しむことができ、追加料金も発生しないので安心です。ただし3日間で10GB以上利用すると制限がかかるという点に関しては注意が必要です。

今がお得!各プロバイダのキャンペーン情報

冒頭でも述べたようにWiMAXはLTEなどと同じ通信規格の1つで、UQコミュニケーションズが提供している通信サービスです。WiMAXを扱っているプロバイダは多く、GMOやBIGLOBE、So-netなど複数あります。

「WiMAX」という同じ通信規格をさまざまなプロバイダが使用して提供しているだけなので、通信速度や使えるエリア、通信容量などに違いはありません。

しかしプロバイダによって月額料金やキャンペーンなどには大きな違いがあります。そこで今がお得な各プロバイダのキャンペーンを一挙公開します。

各プロバイダの実質料金比較一覧表

下記の表はプロバイダごとに行っているキャンペーンや割引の結果、実質的に支払う金額がいくらなのかを表にしたものです。3年間の実質支払料金を見ると、一番金額が多いところと少ないところでは、37,881円も差が開きます。

条件があってキャンペーンや割引をうまく使うことができれば、実質料金が安いGMOとくとくBBをキャッシュバックで利用するのがもっともお得です。

月額料金端末代金キャッシュバック3年間実質料金
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
4,263円0円34,800円120,360円
JP WiMAX
JPWiMAX
3,500円0円10,000円124,800円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
(割引)
3,480円0円0円125,660円
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
3,980円19,200円10,000円155,480円
Broad WiMAX
Broad WiMAX
3,411円0円0円131,626円
nifty WiMAX
@nifty WiMAX
4,350円1円
(初回のみ)
0円158,241円
so-net WiMAX
So-net WiMAX
4,379円0円0円148,656円
UQ WiMAX
UQ WiMAX
3,880円15,000円3,000円154,680円

すべてのプロバイダで、契約の際の事務手数料は一律3,000円となっています。

それでは各プロバイダの特徴を解説していきましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのおすすめポイント

  1. 割引の特典とキャッシュバックの特典を選べる
  2. 3年間の支払い総額が全プロバイダの中で最も安い

GMOとくとくBBの注意点

  1. キャッシュバックの手続きが少々複雑
  2. 特典の適用には複数のオプション加入が必須

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックが受けられるキャンペーンと割引が受けられるキャンペーンの2つのキャンペーンを行っています。

キャッシュバックが受けられるキャンペーンは、端末によって金額は異なるものの最大34,800円がキャッシュバックされるというものです。

また割引が受けられるキャンペーンは、3年間ずっと月額料金の割引が受けられるというもので総額にして最大29,278円の割引が受けられます。

月額利用料
(通常料金 )
ギガ放題:4,263円
7GBプラン:3,609円
キャンペーン最大34,800円キャッシュバック or
総額最大29,278円の割引

加入プラン・契約端末によって金額の上下あり
キャンペーンの詳細
加入プラン・契約端末によって金額の上下あり
キャッシュバックの場合
適用の難易度:普通
  1. オプションの加入が複数必要
  2. 端末発送月11か月後に届いたメールから口座情報を登録
  3. メールの返信があった翌月に振り込み
月額料金の割引の場合
適用の難易度:かんたん
  1. オプションの加入が複数必要
さくまる

GMOとくとくBBは3年間の支払い総額が最も安いから、一番おすすめ出来るプロバイダ!ただしキャッシュバックの申請をうっかり忘れてしまうと、特典をもらえないリスクがあるから注意するまる。
特典をもらえなくなることをリスクに感じる人は、割引特典を選べば解決できるまる!

JPWiMAX

JP WiMAX

JPWiMAXのおすすめポイント

  1. 各プロバイダのいいとこ取りな特典・月額料金(月額料金が安くてキャッシュバックももらえる)
  2. オプション無しでキャッシュバックが適用される

JPWiMAXの注意点

  1. auスマートバリューmineが適用されない(auスマホとセットで毎月1,000円割引)
  2. 解約違約金が高額

JPWiMAXでは、契約してすぐにもらうことができるAmazonギフト券10,000円分のプレゼントキャンペーンと月額料金が3年間ずっと割引されるキャンペーンを行っています。2つのキャンペーンは併用可能で、両方のキャンペーンが適用されると3年間で総額54,580円もお得になるというものです。

月額利用料
(通常料金 )
4,880円
キャンペーン①総額10,000円Amazonギフト券
②3年間月額割引
キャンペーンの詳細適用の難易度:かんたん
  1. 申し込み完了メールに記載の「ギフト券申請URL」から情報を登録
  2. 最短で契約日当日にギフト券が届く
さくまる

JPWiMAXは注意点さえ気にならなければ、とってもおすすめなプロバイダまる!auのセット割が効かないので、auユーザーの人はGMOとくとくBBかBroad WiMAXで契約したほうがお得になることも。
あとは他社プロバイダよりも解約違約金が高い(1年目30,000円/2〜3年25,000円)ことも把握しておいたほうが良いまる。

BroadWiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXのおすすめポイント

  1. 他社Wi-Fiサービスからの乗り換えの場合、違約金を19,000円まで負担してくれる。
  2. 月々の支払い金額が最も安い。

Broad WiMAXの注意点

  1. 特典の適用には複数のオプション加入が必須

Broad WiMAXでは現在、WiMAXスタートキャンペーンを行っています。

Webフォームから月額最安プランをクレジットガード払いで申し込み、指定オプションサービスに初回加入を行うと、初期費用が18,857円割引されるというもので、はじめてWiMAXを使う人に気軽に始めてもらいやすくなっています。

また契約解除料負担のお乗り換えキャンペーンでは、他社でWi-Fiサービスを利用している人がWiMAXに乗り換えるときの契約解除料を負担するというもので、最大で19,000円の解除料を負担してもらうことができます。

月額利用料
(通常料金 )
ギガ放題:ギガ放題:4,011円
7GBプラン:3,326円
キャンペーン①初期費用18,857円が無料
②他社から乗り換え時の解約金を負担
キャンペーンの詳細適用の難易度:普通
  1. Webからの申し込み
  2. をクレジットカード払いでお申込み
  3. オプションの加入が複数必要
さくまる

Wi-Fiサービスをすでに使っていて、乗り換えを検討しているなら最もおすすめのプロバイダまる!
サポートセンターの対応がしっかりしているので、加入したオプションを外すのも簡単に出来るまる!

BIGLOBE

BIGLOBE

BIGLOBE WiMAXのおすすめポイント

  1. クレジットカードでも口座登録でも同様の特典を受けられる
  2. 1年更新の契約プラン

BIGLOBE WiMAXの注意点

  1. 3年間の支払い総額が高い

他社のWiMAXは3年契約が一般的な中、BIGLOBEは1年更新のプランを出しています。また、クレジットカードでも口座登録での契約でも、同様の特典を受け取れるのが特徴的です。

ですが、10,000円キャッシュバックのキャンペーンを行っているものの、3年間の支払い総額は155,480円と安くはありません。

月額利用料
(通常料金 )
ギガ放題:3,980円
キャンペーン10,000円キャッシュバック
キャンペーンの詳細適用の難易度:かんたん
  1. BIGLOBEのマイページにログインして指定口座を登録
  2. 登録完了後、数日後にキャッシュバック
さくまる

1年更新の契約プランがあるのはBIGLOBEだけ!更新月を短くしたい方や口座登録でWiMAXを契約したい方にとって、最適なプロバイダと言えるまる。

@nifty

nifty wimax

@niftyWiMAXのおすすめポイント

  1. 2年更新の契約プラン

@niftyWiMAXの注意点

  1. 3年間の支払い総額が高い

@niftyWiMAXは、BIGLOBEと同様契約プランに特徴があり、2年更新の契約プランがあります。

ですが、3年間の支払い総額は公式のUQ WiMAXよりも高いため、@niftyWiMAXでの契約はあまりおすすめできません。

月額利用料
(通常料金 )
ギガ放題:4,350円
7GBプラン:3,670円
キャンペーンなし
さくまる

@niftyWiMAXは2年契約のプランがあるものの、特に特徴がないプロバイダまる。契約更新月を短めに取りたいなら、3年間の支払い総額が少しだけ安いBIGLOBE WiMAXのほうがおすすめまる。

So-net

so-net wimax

So-netのおすすめポイント

  1. 特典の手続きが決済の確定のみ

So-netの注意点

  1. 特になし

So-netでは、ホームページ、電話から申し込みし、申し込みから3か月後の月末までに利用開始した個人の方を対象に月額料金が割引になるキャンペーンを行っています。

月額料金の割引は、1か月目から12か月目までが最大1,499円値引きされ、13か月目から36か月目までが500円値引きされるという2段階方式の割引です。

また指定機種を購入すると機器が無料になるキャンペーンも行われています。

月額利用料
(通常料金 )
ギガ放題:4,379円
7GBプラン:3,695円
キャンペーン月額割引&端末料金無料
キャンペーンの詳細適用の難易度:かんたん
  1. 申し込み時点で決済情報が確定している方
さくまる

So-netは月額料金の割引に特化したプロバイダ。だけど3年間の支払総額は特に安いわけではないまる。特別な理由が無い限りは、GMOとくとくBBかJPWiMAXでの契約のほうがおすすめまる。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXのおすすめポイント

  1. 2更新の契約プラン

UQ WiMAXの注意点

  1. 端末代金が15,000円かかる

UQ WiMAXでは2年更新の契約プランで、月額料金もずっと3,880円とシンプルな料金設計ですが、3年間の支払い総額は高い部類に入ります。

月額料金が安めの設定なのに3年間の支払い総額が高い理由としては、端末代金が15,000円かかってしまうからです。

BIGLOBE以外のプロバイダであれば、端末代金の支払いなしでWiMAXを利用できるので、より安く利用できます。

月額利用料
(通常料金 )
ギガ放題:ギガ放題:3,880円
キャンペーンなし
さくまる

「WiMAXの公式サービスだから」など特別な理由が無い限りは、各プロバイダを通したほうが安く契約できるまる!

最新~旧式までWiMAXルーターの違いを比較

WiMAXのルーターの性能をまとめて比較

WiMAXを過去に利用したことのある人のなかには「WiMAXが遅かった」「つながりにくかった」という印象をもっている人もいます。

しかし、WiMAXの通信速度はルーター機器の性能によるため、そのイメージが事実とは限らないことをご存知でしょうか。

最新機器では今までの常識を覆すような速度を持つモバイルルーターも登場しています。そこでモバイルルーターの最新機器から旧機種までを比較してみます。

各ルーターの比較表

ルーター機種メーカー販売開始時期同時接続台数下り速度上り速度バッテリー(440 Mbps通信)
W06Huawei2019年1月16台867Mbps※USB利用時1.2Gbps75Mbps7時間10分
WX05NEC2018年11月10台440Mbps75Mbps8時間6分
W05Huawei2018年1月10台758 Mbps112.5Mbps6時間30分
WX04NEC2017年11月10台440 Mbps75Mbps8時間6分
W04Huawei2017年2月10台758 Mbps37.5Mbps6時間30分
WX03NEC2016年12月10台440 Mbps30 Mbps7時間20分
W03Huawei2016年7月10台370 Mbps25 Mbps9時間30分
W02Huawei2016年2月10台220 Mbps25 Mbps6時間30分

結論、最新のW06がオススメ!

WiMAXの契約をこれから行う場合は、最新機種のW06を選ぶことをオススメします。比較表を見てもわかるように、W06のスペックは圧倒的にこれまでの機種に勝っており、高速でインターネットに接続できるためです。

また最新機種のW06にはWi-Fi TXビームフォーミングという機能が搭載されています。

Wi-Fi TXビームフォーミングは、Wi-Fi規格の技術で、スマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を探知し、集中して電波を送信することで中、弱電界の場所でも通信を安定させる技術です。

これによりこれまでWi-Fiがつながりにくかった場所でも通信が安定し、快適なインターネット通信を楽しむことができます。

プロバイダによっては機種の代金が全額無料になるところや、販売価格がどの機種でも一律になっているところもあるので、どうせならスペックの高い最新機種を選ぶことをオススメします。

WiMAXを契約するプロバイダ選定のポイント4つ

WiMAXのプロバイダを選ぶポイント

同じWiMAX回線の利用でも各プロバイダによって月額料金や割引額、キャンペーンなどは大きく異なり、どこで契約するのかによってお得度は変わってきます。異なる項目として下記が挙げられます。

同じ品質のWiMAX回線を使うのであれば、できるだけお得なプロバイダを選ぶのが一番です。

WiMAXを契約する前にチェックすべきプロバイダ選定の項目をしっかり押さえておきましょう。

①月額料金の安さ

まず何と言ってもチェックすべきなのが、月額料金の安さです。通常料金が安いことはもちろんですが、利用開始からしばらくの間は割引設定されているところが多く、年額に換算すると1万円以上も差が出てくるところもあります。

月額料金で比較しても、割引額の多いプロバイダはまったく割引のないところと比べて、毎月1,000円以上もの差が出ることがあります。ほとんどの割引が2~3年程度の契約期間に対して適用されるものです。

とくにそれほど長期に渡っての利用を考えていない人は、割引適用後の月額料金の安さでプロバイダを選定することをオススメします。

②キャンペーンの充実度

プロバイダによって行われているキャンペーンはさまざまです。端末代金が無料になるところもあれば、ギフト券でキャッシュバックをしてくれたり、月額割引でお得に契約させてくれたりと多種多様な特典があります。

またプロバイダによってはキャンペーンが1つしか使えないところもあれば、複数セットで利用できるところもあります。

キャッシュバックによる還元率が高いプロバイダだと、月額割引を行っているプロバイダよりも契約期間内の総支払額が少なくなるケースもあります。

キャンペーンはお得に契約できるチャンスなので、特典が充実しているプロバイダで契約することをオススメします。

③最新機種に対応しているか

基本的にほとんどのプロバイダでは最新のWiMAXルーターが使えますが、ごくまれに最新機種が用意されていないところもあります。

新しい機種になるほど通信速度が向上したり通信が安定したりするので、最新機種が使えるかどうかも契約前によく確認しておく必要があります。

④保証・サポート体制

WiMAX回線の契約ではついつい料金に目が行きがちですが、保証やサポート体制が整っているかどうかもよく確認しておくことが大事です。

WiMAX利用中に何かトラブルがあった場合、プロバイダによってはすぐに対応してくれないことも・・・。

カスタマーサポートに連絡してもなかなか繋がらないこともあり、インターネットが使えないことで日常生活に支障をきたす恐れもあります。

保証やサポート体制がしっかり整っているかどうかも契約前には確認しておきましょう。

最後に、筆者が一番オススメなWiMAXプロバイダご紹介

ここまでいろいろとWiMAXを契約する前に知っておくべきことをご紹介してきましたが、結論として筆者が一番オススメするWiMAXのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が圧倒的に多く、3年間の実質料金で見ても支払う料金が安くなっています。

最新機種にももちろん対応しており、知名度もあるプロバイダなので保証やサポート体制が手厚いのもポイントです。

トータルの通信料金の節約もできるお得なWiMAXを契約するなら、安心してお願いできるGMOとくとくBBがオススメです。

まとめ

WiMAXは非常にメリットの大きい通信回線です。利用スタイルにもよりますが、固定回線を契約するよりも賢くWiMAXをフル活用したほうが、トータルの通信料金を節約しながら快適にインターネットを利用できます。

WiMAXはプロバイダによって行われているキャンペーンも違い、月額の料金やお得度も大きく変わってくるので、事前にしっかり情報収集して損をしないように契約しましょう。

  関連記事

 - 今更聞けないネット選びの基礎知識