サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの3日間10GB制限とは?速度制限がかかる目安と対処法

  /    
  今更聞けないネット選びの基礎知識

WiMAXには「ギガ放題プラン」があり、契約していれば月間データ使用量に制限がなくなります。ただし、代わりに3日間で10GBの高速通信量制限が設けられています。この通信量制限が気になっている方もいるのではないでしょうか。

WiMAXの高速通信量制限を正しく理解すれば、快適にWiMAXを使えるようになります。そこでこの記事では、WiMAXの3日間10GB制限が一体どのような制限なのか、そしてどうすれば制限されることなく通信できるのかについてご紹介します。

また、WiMAXにこれから申し込みたい場合には、2020年1月時点で34,500円のキャッシュバックが受け取れたり、ルーター代が無料だったりと料金面でお得な「GMOとくとくBB WiMAX」がオススメです。

「GMOとくとくBB WiMAX」では通常プランとギガ放題プランを選べますが、通信データ量の月間上限無しでより自由に使いたい場合には、ギガ放題プランを選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

WiMAXの3日間10GB制限とは?

 

WiMAXでは、直近3日間に10GB以上通信すると速度制限が発生します。速度制限は、24時間や1ヶ月丸々などの長期間続くわけではありません。WiMAXにおける3日間10GB以上通信時の速度制限は、翌日18時〜翌々日2時頃」までの夜間にのみ行われます。

制限中は速度がおおむね1Mbps程度に制限されるので、たとえばHDやフルHDなどの高画質動画を読み込んだり、Switchなどのゲーム機でゲームソフトをダウンロードしたりする際には、読み込み時間が長くなることに注意してください。

他社との通信制限ルールの比較

WiMAXの速度制限ルールは、他社モバイルルーターサービスと異なっています。以下では、主なモバイルルーターサービス5種類とWiMAXの速度制限内容の違いを表にまとめました。

  速度制限内容
WiMAX 7GBプラン:7GBまで使用可能、超過時最大128kbpsに制限

ギガ放題:直近3日間に10GB以上利用時、翌日18時~翌々日2時頃までおおむね1Mbpsに制限

ハイスピードプラスエリアモード:7GB超過時に通常モード含め月末まで最大128kbpsに制限
ソフトバンクのPocket WiFi 7GB超過時に月末まで最大128kbpsに制限
Y!mobileのPocket WiFi 契約しているプランの上限まで利用可能

アドバンスモード対応端末では上限なし、アドバンスオプション契約により直近3日間で10GB以上通信した場合に、当日18時~翌日1時頃まで1Mbps程度に制限
ドコモのポケットWi-Fi
(Wi-Fi STATION)
契約しているプランの上限まで通信可能、超過後は月末まで最大128kbps
スマモバ 契約しているプランの上限まで利用可能

直近3日間に3GB以上の通信時は深夜0時まで200kbpsに制限

見てのとおり、ソフトバンクやドコモなどの他社モバイルルーターでは、契約したプランのデータ容量上限までが高速通信可能です。スマモバではさらに、直近3日間3GBという制限も課されています。

使い放題のサービスが展開されているのはWiMAXと、Y!mobileです。Y!mobileのPocket WiFi(アドバンスモード)は、WiMAXと比べると速度制限が終わる時間が1時間早く有利ですが、制限解除が深夜で遅い時間となる関係上、夜間の利用が多い方以外はとくに違いを気にする必要はありません。

10GB利用の目安

WiMAXの直近3日間における高速通信上限である10GBはとても大きな容量で、到達までにはたくさんの通信を行う必要があります。

以下の表では、10GB到達までの目安をまとめました。

用途 10GBの目安
動画再生(YouTube) 480p(標準画質):47時間
720p(HD画質):13時間
1080p(フルHD画質):7時間
メール(テキストメール) 666,666通程度
Webページの閲覧(画像やテキストが散りばめられた、一般的なサイト) 33,000ページ程度


見てのとおり、メールやWebページについては、1日でたくさん使ってもまず3日間で10GBに到達することはないでしょう。気をつけたいのは高画質な動画の再生で、1日単位で考えるとフルHD動画は2.3時間、HD動画は4.3時間以上見ると、3日経った段階で制限にかかります。

WiMAXは高速なのでフルHDやHDでの動画再生が容易ですが、見すぎて速度制限にかかってしまわないように注意しましょう。

速度制限がかからないようにするための5つのポイント

 

WiMAXのギガ放題で速度制限にかからないようにするため気をつけたいポイントは、以下の5つです。

  • 高画質動画の視聴は避ける
  • 動画ありでのテレビ会議(Skypeなど)は避ける
  • 大容量ファイルのダウンロードは避ける
  • 複数人の同時利用は極力避ける
  • 自宅で固定回線を使っている場合は、使い分ける

それぞれ以下で解説しますので、制限がかからないように確認して使いこなしましょう。

高画質の動画視聴は避ける

10GBの目安の項目でも触れたとおり、HDやフルHDなどの高画質動画は視聴すると通信量をたくさん消費するため、すぐに速度制限にかかってしまいます。毎日動画の視聴を長時間する場合には、画質をHD未満に落としましょう。

あるいは、外出先で無料Wi-Fiスポットに接続して、先にダウンロードしておく(NetflixやAmazonプライムビデオなどが対応しています)などの対処をしましょう。

動画ありのテレビ会議は避ける

テレビ会議(ビデオ通話)は映像を相手と自分で送受信し続けるため、高画質動画の視聴と同様に通信量が大きくなります。可能であればテレビ会議はなるべく避け、音声のみでの通話にしたほうがよいでしょう。

あるいはビデオ通話をする場合には、10分未満など短時間に抑えることをオススメします。

大容量のファイルをダウンロードするのは避ける

10GBを超えるような大容量のファイルをダウンロードすると、もれなく速度制限にかかってしまいます。

大容量のゲームソフトや動画データなどはダウンロードを避けるか、圧縮したものをダウンロードするのがオススメです。

複数人での同時接続はなるべく避ける

WiMAXを固定回線と同じような感覚で家族や友人同士で同時に使っていると、すぐに速度制限にかかってしまいます。

たとえばフルHD動画を見る場合、1人なら7時間は動画を見続けられます。しかし、3人が同時に見るなら3分の1の2.3時間で10GBに到達し、翌日夜に速度制限が行われてしまいます。

同時接続は極力行わない、やむを得ず行う場合には各自で通信量の消費を抑えるなど対処しましょう。

固定回線とうまく使い分ける

自宅に固定回線があるならば、自宅にいる間は固定回線を利用するのがオススメです。

WiMAXのモバイルルーターを外出先でのみ使うようにすれば、無駄な通信量の消費を抑えられるので、3日間で10GBに達するリスクは軽減できます。

通信量の使用状況を確認する方法

 

WiMAXルーターでの通信量の消費状況は、プロバイダのマイページや利用しているルーターを使って確認できます。確認手順をそれぞれ解説するので、定期的に使用状況をチェックするようにしましょう。

プロバイダのマイページで確認する

契約しているWiMAXプロバイダのマイページを開けば、WiMAXルーターにおけるデータ通信量の消費状況を確認できます。

たとえばUQ WiMAXの場合は、IDやパスワードを使って会員ページ「My UQ WiMAX」へログインし、「料金案内」内の「通信量照会」→「過去3日分の通信量照会」を開けば確認可能です。

利用端末で確認する

利用しているWiMAXルーターの管理画面を開き、通信量の項目を見れば、3日間などの設定した期間における通信量消費状況がわかります。

モバイルルーターならばルーターの画面を見れば確認できます。

自宅で使う画面がないホームルーターの場合には、スマートフォンなどの接続している機器から管理画面にアクセスして確認しましょう。

制限時間外でも速度制限が解除されない場合の対策

 

WiMAXの3日間10GB以上通信時における速度制限は、翌日18時〜翌々日2時頃まで行われます。

ただし、制限時間外でもまれに速度制限が解除されないケースがあります。以下では、制限時間外なのに速度制限が解除されない場合の対処方法をご説明します。

端末を再起動する

2時を過ぎたのに速度制限がかかったままの場合は、一旦ルーターの電源を切って再起動してみましょう。

通信している状態を再起動によって一旦切断することにより、速度制限が解除される可能性があります。

接続している端末の数を確認する

たくさんの機器を同時にWiMAXルーターに接続して使っている場合は、接続台数の多さが原因で速度が下がっている可能性があります。

WiMAXルーターは、同時接続台数が多いとルーター内でそれぞれの通信処理を行っていくため、各端末における通信速度は遅くなります。

WiMAXルーターには接続台数の上限があるので、上限以上の機器をインターネットに接続することもできません。たくさんの機器を同時に使っている場合には不要な機器のインターネット接続を切って、速度が改善されるかどうか確認しましょう。

電波が悪くないか確認する

WiMAXでのインターネット接続は、携帯電話などと同様に電波を飛ばして行われます。

ルーターを設置した場所によっては外から電波を受信しづらかったり、接続したスマートフォン等の機器に電波を飛ばしづらかったりして、速度が下がってしまいます。

電波状況を確認し、必要に応じて機器の設置場所を変更してみましょう。

使用している通信モードを確認、ハイスピードプラスエリアモードには7GB制限あり

WiMAXルーターには、WiMAX2+回線を使う「ハイスピードモード」と、auの4G LTE回線を使う「ハイスピードプラスエリアモード」があります。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX回線よりも広い範囲で通信できますが、1ヶ月に7GB以上通信すると月末まで最大128kbpsに制限される仕組みです。

もしもルーターで通信モードを確認して、ハイスピードプラスエリアモードになっていたら、7GB以上通信したため速度制限にかかっていると考えられます。

ハイスピードプラスエリアモードで速度制限にかかったら、ギガ放題プランを契約していたとしても翌月になるまでは速度制限が解除されないため注意しましょう。

契約内容を確認する

ギガ放題プランではなく月間の通信量制限が7GBの通常プランを契約していたら、7GB通信すれば月末まで速度が最大128kbpsに制限されます。

契約内容を確認して通常プランになっていた場合、必要に応じてギガ放題プランに切り替えましょう。

プロバイダに問い合わせる

通信速度が遅くなっている原因がまったくわからない場合には、契約しているWiMAXプロバイダ側の不具合や不正利用の可能性があります。

契約しているプロバイダに電話などで問い合わせて、確認を取りましょう。

WiMAXの速度制限に関するQ&A

 

WiMAXの速度制限について、制限中の快適さや制限の解除方法といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。ここからはQ&A方式で速度制限に関するよくある疑問を解消するので、参考にしてください。

速度制限がかかるとまともに通信できない?

WiMAXのギガ放題で速度制限にかかっても、Web検索や標準画質によるYouTube等の動画視聴ならば問題なく利用できます。読み込みが長くなるのは、画像の多いWebページやHD以上の高画質な動画などです。

ゲームソフトやスマートフォンアプリなど、数十〜数百MB以上の大容量ファイルを読み込む際にも時間がかかってしまうので、注意が必要となるでしょう。

速度制限中は用途を絞る、普段より動画の画質を下げるなどして対処すれば、継続して通信を活用できます。

強制的に速度制限を解除する方法はないの?

WiMAXでは、追加料金を支払うなどの対処法を用いて速度制限を解除することはできません。制限にかかれば、速度制限が解除されるまで待つしかありません。

たとえば3日間に10GB以上通信して速度制限にかかった場合には、深夜2時をすぎるまで待ちましょう。

まとめ

 

速度制限にかかわらず、快適にWiMAXを利用したい場合には、こまめにルーターやマイページから通信量を確認することが大事です。動画を見る時は画質をできるだけ下げる、固定回線と使い分けるなど、今回解説したさまざまな注意点・対処法を活用してください。

そしてこれからWiMAXを申し込む場合には、キャッシュバックやルーター代無料といった特典を受けられる「GMOとくとくBB WiMAX」を、月間データ量上限がないギガ放題で申し込むことがオススメです。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

  関連記事

 - 今更聞けないネット選びの基礎知識