サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ソフトバンクエアーの引っ越し先がエリア外だった時の対策方法

「ソフトバンクエアーが引越し先で使えない!!」

コンセントを差すだけで使えて簡単なソフトバンクエアー。一見引越しをしてもそのまま持っていって差し替えれば簡単に使えると思っていました。

しかし実はソフトバンクエアーは登録住所でしか使えず、引越し前には必ず住所変更をする必要があるのと、さらにその引越し先もソフトバンクエアーの提供エリアに入っていなくてはなりません。

もし残念ながらソフトバンクエアーのエリア外だったあなたは早急に対策をしないと、引越してからネットが使えない状態になってしまいます。

今回はそんなソフトバンクエアーがエリア外だった時の対策をまとめてみましたので、是非こちらをチェックしてみて下さい。

ソフトバンクエアーのエリアの確認方法

ソフトバンクエアーのエリアは以下のサイトから確認出来ます。

エリアの確認はコチラ

住んでいる都道府県をクリックすると地図が出てきます。赤くなっている場所が提供エリアです。

FireShot Capture 293 - 提供エリア 詳細マップ|Wireless City Planning_ - http___www.wirelesscity.jp_area_map_#13

違約金はかからない

もしエリア外だった場合にはソフトバンクエアーを持っていっても使えないので解約する必要があります。

ソフトバンクエアーは2年間の自動更新の契約になっているので、更新月以外の解約では9,500円の違約金がかかってしまうのですが、引越し先がエリア外だった場合にはこの違約金が免除になります。

対策は早めに!!

さて、それでは早速エリア外だった時の対策を紹介していくのですが、この対策とは「別のインターネットに契約する」という方法となります。

場合によりけりですが、ネットが使えるようになるまで「申し込んでから1ヶ月後」などと時間がかかることがあります。

引越しが終わってから対策をするとネットが使えない時期が出来てしまいます。

引越しをする前に対策をしておくと引越してからすぐにネットが使えるようになるので、必ず余裕を持ってしてみて下さい。

ソフトバンクエアーがエリア外だった時の3つの対策

ソフトバンクエアーがエリア外だった場合には他のインターネットを契約しないといけません。

というわけで、そんなソフトバンクエアーの代わりとなる3つのインターネットをオススメ順に紹介していきたいと思います。

1,WiMAXのL01s

sueoki

  L01s
料金 4,263円
(2ヶ月間3,609円)
速度 440Mbps
制限 なし
特典 32,400円CB
割引 auスマホ

工事を入れずに機器をコンセントに繋ぐだけでネットが使える「据え置き型ルーター」はソフトバンクエアーだけではありません。

このL01sというルーターはWiMAXの電波を使った据え置き型ルーターです。

ソフトバンクエアーと同様に機器が届いたらコンセントを繋ぐだけでOK。同じように使うことが出来ます。

 

ソフトバンクエアーと大きく違う点は2点。1つ目は「速度が速くなる」ということですね。

L01sはWiMAX2+という高速電波を使っているため、最高速度が440Mbpsとなっています。ソフトバンクエアーの最高速度は261Mbpsなので、倍近く速いです。もちろん制限はなく使い放題です。

今までよりもサクサク動きますし、ちょっと速度に不満を持っていたならとても実感しやすいです。

 

もう一つのポイントとしては、こちらはデメリットとなってしまうかもしれませんが「スマホ割がau」という点です。

今まではソフトバンクのスマホがセットで割り引かれていたと思いますが、L01sではauのスマホがあると毎月1,000円の割引が入るようになります。

au契約が1つでもあればお得ですし、さらに今では高額キャッシュバックも行っているので、ソフトバンクエアーの変わりとして是非L01sを選んでみましょう。

WiMAXのエリアは?

ソフトバンクエアーがエリア外だってことは、このL01sのエリアも気になりますよね。もし申し込む場合にはこちらもチェックしておきましょう。

WiMAXでは、住所を入れてピンポイントでエリアを確認することが出来ます。

公式サイトはこちら

少し下にスクロールしたところにエリアチェックの項目があります。住所を入力して確認しましょう。エリア判定で◯が出ればOKです。

申込方法

1、まずは以下のサイトから申し込みをします。申し込みフォームではいくつかの選択肢があるので迷わないようにまとめていきます。

  • 端末→L01s
  • 契約プラン→2年プラン(3年プランではハイスピードプランが無料で使えキャッシュバックも増えるのですが、月7ギガの速度制限が発生するので、制限のない2年プランがオススメ)
  • 接続サービス名→ギガ放題(通常プランを選べば654円安くはなりますが7ギガを超えると制限がかかります。)

2、約1週間ほどで本体が届くので、コンセントに差して電源を入れたらすぐに使えるようになります。

3、約11ヶ月後に案内メールが届くので、そちらで口座を設定すると翌月に32,400円のキャッシュバックが振り込まれます。

WiMAXへの申し込みはコチラから

GMOとくとくBB WiMAX2+

2、いっそ光回線にしてみよう!

今まで何らかの理由から光回線を入れてこなかったかもしれませんが、やはり自宅でネットをするならこの引越しの機会に光回線にしてしまうのも1つの手です。

工事は入りますが、やはり光回線は速度が速いですし安定もするので、ソフトバンクエアーを使っていて速度が遅いと思っていた人はとても満足出来ると思います。

今回は同じソフトバンクの光回線をまとめてみましたのでチェックしてみましょう。

ソフトバンク光

「ソフトバンクエアーとソフトバンク光は何が違うの?なんだか面倒くさそう」

というあなたへ、簡単に違いを比べていきたいと思います。

  SoftBankAir ソフトバンク光
料金 4,880円
(2年間3,800円)
戸建:5,200円
マンション:3,800円
速度 261Mbps 1000Mbps
制限 なし なし
契約 2年契約 2年契約
特典 20,000円CB 28,000円CB
割引 softbankスマホ softbankスマホ

大きなポイントとしては以下の3つが上げられます。

  1. 料金はそこまで変わらない
  2. 速度が速くて安定してる
  3. どちらも2年契約

ソフトバンク光は戸建てなら5,200円ですが、もしマンションなら3,800円で使えるのでこの場合はソフトバンクエアーと料金は変わりません。

また、一番のポイントは「速度」ですね。光回線は回線を直接自宅に引込むので、ソフトバンクエアーの約4倍の1Gbpsの速度でネットが出来ますし、さらに安定もするので動画やダウンロード、オンラインゲームとも相性が良いです。

あと、工事が入らないのでソフトバンクエアーの方が気軽だと思われがちですが、どちらも契約期間は2年間なので、気軽に契約しても気軽に辞められるわけではないんですね。

であれば、速くて安定する光回線インターネットをしていく方がストレスも無くなりとっても楽になります。

申し込み方法

  1. 以下のキャンペーンサイトにアクセス。【新規申込】から申し込みをします。
  2. 後日確認の電話が入ります。(疑問点があればこの電話で確認してください。)問題なければ工事日を指定します。
  3. 工事に立ち会い終了。すぐにネットが使えるようになります。(他社の回線があればこのタイミングで解約すればネットが使えない期間も空きませんし料金もかぶりません)
  4. 開通から最短2ヶ月後に口座にキャッシュバックが振り込まれます。(振込口座は2.の確認の電話で聞かれます。)
ソフトバンク光への申し込みはコチラから

SoftBank光キャンペーン

ソフトバンク光の詳細はこちら

3、持ち運びが出来るWiMAX

料金 4,263円(2ヶ月間3,609円)
本体 0円
速度 558Mbps
制限 月制限なし(直近3日10GB)
特典 32,400円キャッシュバック
auのスマホが1,000円引き

もし、外出先でもインターネットを使いたいという場合には、据え置き型ではなく持ち運びが出来る「モバイルルーター」を使うこともオススメ出来ます。

光回線や据え置き型ルーターよりも速度の安定感は少なくなってしまいますが、料金も安いですし工事も不要で、届いた機器の電源を付ければすぐに使えて簡単です。

また、ソフトバンクエアーのように住所を登録する必要もありませんので、引越しが多い人にもオススメです。

申し込み手順

1、まずは以下のサイトから申し込みをします。申し込みフォームではいくつかの選択肢があるので迷わないようにまとめていきます。

  • 端末→W05(最新機種でオススメです)
  • 契約プラン→2年プラン(3年プランではハイスピードプランが無料で使えキャッシュバックも増えますが、月7ギガの速度制限が発生するので、制限のない2年プランがオススメ)
  • クレードル→無し(卓上充電器です。こちらを選ぶとキャッシュバックが2,700円少なくなるので無くても問題はありません。)
  • 接続サービス名→ギガ放題(通常プランを選べば654円安くはなりますが7ギガを超えると制限がかかります。)

2、1週間前後で本体が届くので電源を入れたらすぐに使えるようになります。

3、約11ヶ月後に案内メールが届くので、そちらで口座を設定すると翌月キャッシュバックが振り込まれます。

WiMAXへの申し込みはコチラから

GMOとくとくBB WiMAX2+

まとめ

以上ソフトバンクエアーがエリア外だった時の対策を紹介しました。

まとめると、

  1. L01s→ソフトバンクエアーと同様の据え置き型ルーター。スマホ割はauとなってしまいますが、速度が速くキャッシュバックも高額
  2. ソフトバンク光→工事は入るが、やっぱり家で使うなら速度が安定して速い
  3. W05→持ち運びが出来るので外出先でもネットを使いたい人にはオススメ

是非参考にして選んでみて下さいね。

  関連記事

 - ネット引越しの達人術