サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

フレッツ光を安くする8つの方法!ライトプラスから光コラボまで完全網羅!

「毎月のフレッツ光の利用料金、いくら払っていますか?」

安く済んでいる人でも6,000円以上。しかし料金プランやプロバイダなども複雑で、中には10,000円を超えている人もよく聞きます。

でも「毎月通信費が高いなぁ」と思う反面、「こんなものなのかなぁ」「安くしたいけどネットは難しくてよく分からない」、または「トラブルがあるとめんどくさいなぁ」なんて思うかもしれません。

が、しかし!ハッキリ言うと、

「払い過ぎです!!」

 

インターネットもドンドン新しくなっていて今よりももっとお得に使うことが出来るようになっているのに、とにかく「わからない」「めんどくさい」という理由でネットを見直さないのはもったいなさすぎます。

しかしそれでもどうしたらいいのか分からない。そんなあなたのために、今よりも通信費を安くできる8つもの方法を今回はまとめてみました。

今すぐカンタンに出来るものから、ガッツリと見直せる方法までを分かりやすくまとめたので是非チェックして下さい。

フレッツ光のプランを見直す

まず今スグ試したいのが「フレッツ光自体の料金を見直す」という方法。一番手っ取り早く月々の料金を下げることが出来ます。

しかし、見直すと言っても具体的にどうすれば分からないんですよね。どれが必要なものなのかも、どこを削ればいいのかも分からないし、なんかごちゃごちゃしていてとにかく面倒くさくなってきてしまうかもしれません。

というわけで、まずは今すぐに見直しておきたいポイントを抑えてまとめていきたいと思います。

1、オプションを外す

実施後の推定金額→6,100円(基本料のみ)

フレッツ光で高い料金を払っている人のほとんどは必要のない「オプション」がたくさん付いています。電気屋さんなどで契約すると、

「いろいろ付けておきますね〜いらなければ外して下さいね〜」

なんて言われてそのまま忘れてしまっているかもしれません。

というわけで、加入しているオプションを確認。必要なければ全て取り外しましょう。

固定電話に関しては光電話A(エース)というサービスがあります。こちらは基本料金に加えて、ナンバーディスプレイやキャッチホンなどのオプションがセットになったもので、月1,500円します。

「最近固定電話を使わなくなってきた」なんて人はエースではなく普通の光電話にすれば基本料金は500円に。毎月1,000円の節約になります。

 

また、トラブルを遠隔操作で対応してもらえるリモートサポートもありますが、こちらはもしもの時には役に立ちそうですが、実際使う機会は少ないですね。必要なければ外してみてください。

注意

NTTでは何もオプションに加入してなくてもプロバイダーで加入している場合があります。オプションの整理をしたい時には必ず両方に電話をして確認してみて下さい。

また、フレッツ光を申し込んだ時にキャッシュバックを貰った人は、条件として「いついつまでは契約を変えないで(オプションを外さないで)くださいね」なんてことがあります。

加入して2年も経つ人はほぼ大丈夫だと思いますが、万が一入りたての場合は契約した場所に要確認です。

2、プロバイダーを変える

実施後の推定金額→5,500円(ネット+プロバイダ(500円))

フレッツ光はNTTとプロバイダーの2つの契約になっていて、それぞれから料金がかかります。

フレッツ光のネット料金は5,000円(にねん割)。それにプラスして選んだプロバイダー料を合わせた金額がネット料金になります。

つまり、いまよりも安いプロバイダーを選べばもっと毎月を安くすることが可能です。

では、それぞれのプロバイダー料金を見てみましょう。

とくとくBB 500円
BBExcite 500円
AsahiNet 780円
WAKWAK 950円
Plala 1,000円
So-net 1,000円
OCN 1,100円
BIGLOBE 1,200円
Yahoo!BB 1,200円

例えばプロバイダーがOCNの場合は1,100円。NTTの利用料と足すと「6,100円」で使っていることになります。

そして、そのOCNを月額500円のプロバイダーとくとくBBに変えれば合わせて5,500円に。毎月600円安くなります。

 

しかし、安いプロバイダーにはそれなりに理由があって、サービスが悪かったり速度が安定しないなど評判はあまり良くはなさそうです。

どっちを取るかということにもなりますが、トラブルのリスクがあってもちょっとでも安くしたい人にとっては、簡単に安くする方法の1つではあります。

3、ライトプラスって得になる?

実施後の推定金額→4,900円(ネット(3,800円)+プロバイダ)

NTTのネット料金は5,000円(にねん割)なのですが、こちらの料金をもっと安く使えるプランがあります。それが「フレッツ光ライトプラス」です。

フレッツ光はネット使い放題なのでどれだけ使っても5,000円ですがネットを使う頻度が少ない人もいますよね。そんな時にこのライトプラスにすると、「定額制」ではなく使った分だけ増える「従量制」になります。かなり節約になりそうですね。

料金の詳細はコチラ。

フレッツ光ライトプラス 

通信を3GBで抑えることが出来れば最低料金3,800円で使え、毎月1,200円の節約になります。

8GB以上使うのであれば逆に高くなってしまうので、その場合はライトプラスはオススメ出来ません。

3GBってどれくらい?

最安料金にするには1ヶ月3GBの通信で抑えなくてはいけませんが、実際3GBとはどれくらいのものなのでしょうか。

公式によると、「動画なら月に約16時間(1日30分)、ホームページなら月に約2,000ページ」とあります。

Wiiや3DS、PS4などのオンラインゲームに関しては、すぐに超えてしまうので逆に高くなってしまいそうです。が、動画やゲームなどはほとんどせず、メールチェックやサイト観覧程度なら問題なさそうですね。

トラブル

今ではホームページの中には多数の画像が貼られていたり、動画が組み込まれているものもあって、自分では全然使っていないつもりでも大きな通信をしてしまうことがあります。

また、パソコンやスマホは自動的に通信してしまうことがあるので、「まったく使ってないのに上限いってる!」なんてこともトラブルとして多くあります。

節約しようと思ったつもりが逆に高くなってしまうなんてことがあればかなりのストレスになりますよね。また、通信も目に見えないものなので、少しリスクが高い方法ではあります。

光コラボに転用する

「フレッツ光を安く出来るようになりました!」

フレッツ光を使っている人は最近よくこんな営業がかかってきていませんか??

実は今、光コラボレーションにより、フレッツ光の回線をそのまま使って他回線に乗り換えることが出来るようになったんです。

  • 「安くはしたいんだけど面倒くさい」
  • 「まだ違約金が残ってて変えられない」
  • 「再工事をするのが面倒くさい」

このように今まで面倒くさがっていた人にとっては、何もせずに安く出来るのでとっても良いですよね。

というわけで次に、数ある中から気になる光コラボを紹介していきます。

4、一番安いところを選ぶ!

実施後の推定金額→4,360円(BBExcite光)

数ある光回線ですが、その中でも一番安いところを選びたいですね。全体の料金一覧を見てみましょう。

  戸建/マンション
ソフトバンク光 5,200/3,800
ドコモ光 5,200/4,000
So-net光 5,200/4,100
@nifty光 5,200/3,980
エディオン光 4,400/3,200
OCN光 5,100/3,600
ぷらら光 4,800/3,600
BIGLOBE光 5,080/4,180
hi-ho光 5,100/3,900
U-NEXT光 4,910/3,910
IIJmio光 4,960/3,960
ozzio光 5,100/3,600
TSUTAYA光 5,200/3,300
ASAHINET光 5,180/4,080
BBexcite光 4,360/3,360

比較して料金だけ見ると、BBExcite光:4,360円と、エディオン光:4,400円が一番安いことが分かります。もちろんプロバイダ料込みなのでかなり安くなりますね。

ただし、口コミはかなり悪いです・・・。

いくら安くてもネットが使えないんじゃお金払うだけソンですよね。 あまりおすすめは出来ませんが、通信費を安くすることは出来ます。

5、スマホも安くなる光を選ぶ

実施後の推定金額→5,200円+スマホの割引

  • ドコモユーザー→「ドコモ光」
  • ソフトバンクユーザー→「ソフトバンク光」

というように、同じキャリアの光とセットにすることによりスマホ料金の方に割引を入れることが出来ます。(auユーザーは下部の「auひかり」へ)

しかしこちらも口コミが悪く、速度が遅かったり繋がらなくなるようなトラブルも多く目につきます。(光コラボ全体的にトラブルが多く評判が悪い)

個人的には、例えば「家族みんなソフトバンク」というような状況ならば変えるのも手ですが、スマホが1台程度ならばリスクがあるので安心出来る回線を選びたいです。

ドコモ光

料金→5,200円(プロバイダ料込み)

スマホの割引額はシェアパックの容量に対して変わります。

  • 家族でシェアしている場合→800〜3,200円引き
  • 1人で使っている場合→500〜1,100円引き

 ドコモ光

ソフトバンク光

料金→5,200円(プロバイダ料込み)

スマホの割引額はデータ容量によって変わり、家族のソフトバンク1台に付き割引かれます。

  • 大容量(30GB)→2,000円値引き(3年目以降1,008円引)
  • 標準(5・20GB)→1,522円値引き(3年目以降1,008円引)
  • 小容量(1・2GB)→500円

SoftBank光キャンペーン

※現在公式でお得なキャンペーン実施中!2017年1月15日までに他社から乗り換えて申し込むとさらに24,000円分プレゼント!

回線ごと変える

光コラボのメリットは簡単に乗り換えることが出来るところです。しかし実際に変えた人は、安くはなっていますが「ネットが遅くなってしまった」などの口コミが多くあります。

いくら安くなってもネットのトラブルは避けたいですよね。なので、回線ごと変えてしまうという方法があります。

光コラボとの違いは、再工事が入るということ。しかし、その分速度も速くて安定しますし、料金も安く、さらにキャッシュバックなどのお得な特典を得ることが出来ます。(光コラボはキャッシュバックがないorあっても少額)

 

インターネットは長く使うものですし、今や無くてはならないものですよね。

ならば一度しっかりと見直しをして、毎月をもっと安く、快適な環境を作り、「もう通信関係は完璧!」というような状況にしておくとストレスなく安心して使い続けることが出来そうです。

6、光回線ではNO.1のauひかり

実施後の推定金額→5,100円+スマホ割引+違約金負担+50,000円キャッシュバック

さきほどドコモやソフトバンクの光を紹介しましたが、auの光は光コラボではなく独自の回線を使っています。つまり、工事が入るということですね。

ですがもちろん工事費無料キャンペーンで負担は無くなりますし、切り替え工事も穴あけ工事などなく1時間もかからない程度で終わるので切り替えは簡単です。

 

そして、このauひかりの大きなメリットが5つあります。

  1. 月額料金は5,100円(2年目は5,000円、3年目以降は4,900円)
  2. 速度が速く安定している
  3. auのスマホが1台につき1,410円引き(容量により変わる)
  4. フレッツ光の違約金を負担
  5. 現金キャッシュバック50,000円

フレッツ光よりも安く、光コラボよりも快適にネットが使え、再工事は入るけど違約金は負担。

さらに、50,000円が口座振込でキャッシュバックされるキャンペーンがかなり嬉しいので、auユーザーはもちろん、そうでなくても申し込む人が多数いる人気NO1の回線です。

【auひかりキャンペーン】

7、関東のSBユーザーはNURO光

実施後の推定金額→4,743円(スマホ割+30,000円キャッシュバック)

関東エリアで提供しているNURO光。特徴をまとめると、

  1. 毎月4,743円でかなり安い
  2. 速度が他社の2倍の2GB
  3. ソフトバンクのスマホセット割が適用
  4. 30,000円の現金キャッシュバック

光コラボの「ソフトバンク光」と比較すると、NURO光の方が毎月安くて速く、キャッシュバックも貰えるので圧倒的にオススメです。

関東に住むソフトバンクユーザーは是非NURO光にしましょう。かなり安くなります。

NURO 光

8、ルーターがカンタンWiMAX

実施後の推定金額→3,609円+23,500円キャッシュバック

  1. ネットの速度はこだわらない
  2. 工事はしたくない
  3. 外でも使いたい
  4. 固定電話は使わない

そんなあなたは、光回線を辞めてWiMAXを持つという方法もあります。

WiMAXなら機器があればどこででもネット環境が作れるので便利ですし、工事も必要ありません。

料金もフレッツ光より大分安くなりますし、キャッシュバックもあるのでお得になります。

PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)

まとめ

以上、フレッツ光を今よりも安くする8つの方法でした。まとめると、

今のままで安くしたいなら↓

  1. オプションを外す
  2. プロバイダを変える
  3. 従量制プランにする

工事無しで乗り換えるなら↓

  1. 最安のBBExcite光に変える
  2. スマホと同じ光にまとめる

安くもしたいけどネットも快適に使いたいなら

  1. NO.1のauひかりに乗り換える
  2. 関東のSBユーザーはNURO光
  3. 電話を使わないならWiMAX

となりました。

一番高く付くのは、今のままフレッツ光を使い続けることです。

昔はフレッツ光しかありませんでしたが、今ではもっと安い光回線が出てきています。

もしフレッツ光にこだわりがあるのであれば別ですが、是非もっと安くて快適な光回線に乗り換えてみましょう!

 - ネットまるごと完全比較

  関連記事

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-04-PAK85_lalamushimegane20140321500-thumb-1000xauto-4456
転用するならどこ?一番お得な光コラボレーションモデル15種類を比較

光コラボレーションモデルが始まり、どのキャリアでもフレッツ光の回線をレンタルして光回線サービスが提供出来るようになりました。 今までフレッ...

-shared-img-thumb-YUKA150701098458_TP_V3
ポケットwifiを無制限で使いたい!制限なしで自由に使える3回線を徹底比較

「せっかくインターネットを契約したのに速度制限がかかった!!」 今ではネットはなくてはならないものですよね。なにかしらを検索しない日はない...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-YUKA863_ok15185909-thumb-1000xauto-18589
NURO光の代理店キャッシュバックランキング!これでもう迷わない

SONYの子会社である有名プロバイダーSo-netの光回線サービス「NURO光」。 対応エリアが関東だけなのですが、その分サービスが良くて...

SAYA160312050I9A3455_TP_V
NURO光でソフトバンクがどのくらい安くなるのか!?おうち割の内容と有名3社を合わせて比較

関東エリアのみという狭いエリアだけでしか提供していませんが、料金、速度、サービスなどを比べても他社とは圧倒的に良いNURO光。 さらに、ソ...

MIMIYAKO85_sagyousurudansei20140725500
auひかりのおすすめプロバイダーを比較してランキングにしました!

auひかりで契約する際にまず悩むのがプロバイダーですよね。 結局どれがいいのかよく分からないし、一度決めたら変えられないと言われるとなかなか...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-08-KOKO85_penwomotutwint500-thumb-1000xauto-3379
便利で安いのはどっち!?光回線VS WiMAX(ワイマックス)を徹底比較

ネットを引くのには、大きく分けて2種類の方法があります。光回線とWiMAXですね。 ネットと言えば光だけど、WiMAXも最近流行ってるみた...

ck0i9a9050_tp_v
WiMAXのプロバイダーはどこが良い?安くて速いおすすめランキング

速度がサクサク速くて、キャッシュバックもありお得なWiMAX。モバイルルーターの中でも人気で、持っている人もちょくちょく見かけるようになりま...

pak_yuki0i9a0005_tp_v
eo光VSフレッツ光!乗り換えるならどっちがお得か料金等を徹底比較

最近街でよく聞くようになった「eo光(イオ)」。フレッツ光よりもなんだかお得だという噂がありとっても気になります。 が、インターネットなん...

0I9A351215032114onepoint_TP_V
インターネットはどこで申し込みするのが一番安いのかを比較してみた

「自宅でインターネットを引きたい!」 そう思っても今では選べないくらいたくさんの種類があります。その中で、なにをどう選べばいいのかも分かり...

IMG_2126ISUMI_TP_V
NURO光の提供エリアを確認する方法と、エリア外だった時の対策

料金も安くて速度も他社より2倍速いNURO光(ニューロ)。SoftBankのスマホがセットで安くなる「おうち割光セット(旧スマート値引き)」...