サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ひかりTV・ケーブルテレビ・アンテナ。地デジを見るための3つの方法を比較 

アナログ放送から地上波デジタルテレビ放送に変わり、対策をしなければテレビを見ることが出来なくなってしまいました。

ですが、なかなか検討する機会が少ないこともあり、どうしたらいいか分からない人も多いと思います。

今までは、地デジを見るにはアンテナを立てるという方法が一般的でしたが、実は地デジを見る方法は他にもあります。

今日は地デジを見るための3つの方法を完全比較し、メリット・デメリットをまとめてみました。是非参考にしてみて下さい。

フレッツ光テレビで見る

インターネットのフレッツ光。実はこのネットの回線を使って地デジを見ることが出来ます。

カンタンに説明すると、宅内に引き込まれた光の線をパソコンに繋げばネットが使えますよね。固定電話に差し込めば電話が出来ると思います。

さらに、フレッツテレビに申し込めば、テレビにも線を繋ぐことでカンタンに地デジを見ることが出来るんです。

この方法大きなメリットが3つあります。

1、アンテナ工事がいらない

地デジアンテナを立てる際に一番億劫なのが、アンテナの取り付け工事ですよね。費用も時間もかかるので、めんどくさく感じたり、また家の美観を気にする人も多いようです。

光テレビではアンテナが不要。光の回線で見ることが出来ます。光回線を引き込むので工事は必要ですが、ネットを契約するならいずれにせよネット工事はしますよね。

ネットの工事だけで1度で済むので、やはりアンテナを立てるよりはカンタンです。

2、電波障害を受けない

地上波”デジタル”と言いながらも方法はアンテナを立てるというアナログな方法を使うので、例えば風や雪でアンテナが曲がったり、その他の影響で映らないなどのリスクがあります。

しかし、フレッツ光テレビなら電波をキャッチするのではなく、電線を通って直接家の中に入ってくるのでそういった不安はありません。

3、安い

フレッツテレビの月額利用料は660円/月(税抜)で、かなり安いですし、BSはもちろんCS(オプション)も見ることが出来ます。

また、フレッツ光を新規申し込みで契約するのなら、工事費の割引があります。(30ヶ月の利用が必要)

さらに現在キャッシュバックをしているので、初期費用よりもキャッシュバックの方が上回り、一番お得に地デジ対策が出来るオススメの方法です。

地デジアンテナを立てる

地デジアンテナを立てる一般的な方法です。

業者だと、アンテナ代、取り付け工事代を合わせても2万円~。もっと安いところだと1万円~という広告を目にしますが、実際は価格が大きく変動します。

まず地域や建物によって価格が違います。また宅内配線やTVを見る部屋の数や位置によっても変わりますので、実際の価格は見積もりを取ってもらうまで分かりません。

さらに地デジだけでなくBSやCSを追加したり、壁掛け用のコンパクトなアンテナなどに変更することも出来て、結果的には5万円くらいかかるのが相場と言えそうです。

また、安いアンテナを自分で買ってきて付けることも出来ると言いますが、結局時間がかかって手間になり、そしてこれから先問題が起きた時に全部自分で対処しないといけませんし、破損して修理したり買いなおすことを考えるとオススメできません。

ケーブルテレビで見る

JCOMやJCNなどの地域のケーブルテレビで見るという方法もあります。

ケーブルテレビも光テレビと同じで、アンテナを立てずにケーブルを繋いでテレビを見ることが出来ます。

またBSはもちろんCSが充実していて、見たい番組に応じたプランが用意されているのが特徴です。

メリット:テレビだけの契約が出来る

フレッツ光テレビではインターネットの契約が必須となりますので、テレビサービスだけの契約が出来ません。

ケーブルテレビでもインターネットを繋ぐことが出来ますが、フレッツ光と違うのは、テレビだけの契約が出来るというところです。

ネットはいらない場合でかつアンテナを立てたくない場合はオススメです。

デメリット:フレッツ光より遅くて高い

ケーブルテレビはやはりテレビが強く、チャンネル数もかなり充実していますがその分インターネットはフレッツ光に劣るようです。

  • フレッツ光OCN(ネット+電話+TV)=6,760円/月 1000M
  • JCOM    (ネット+電話+TV)=7,600円/月 160M

比べるとフレッツ光よりも約1000円高く、約6倍遅くなります。

また、フレッツ光を新規契約すると現金キャッシュバックなどの特典がありお得ですが、地域密着型のケーブルテレビではそのようなものがありません。

テレビのCSで見るならケーブルテレビですが、インターネットもまとめる場合はフレッツ光の方に軍配があがります。

まとめ

最後にそれぞれの特徴をまとめると・・・

  • フレッツ:アンテナを立てずにお得に契約出来る
  • アンテナ:立ててしまえば月額が発生しない
  • ケーブル:CSをたくさん見たい人にオススメ

となります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法地デジ対策をたててみて下さい。

 - ネットまるごと完全比較

  関連記事

OOK89_anatanono120131223500
一戸建てに引越しするならオススメの地デジ対策

一戸建ての家に引越しをする前に済ませておかなくてはいけないことの一つが「地デジ対策」です。 アナログから地上波デジタルテレビ放送になったの...

CSS85_mbakubiwokashige20131019500
メールアドレス残し出来るプロバイダーを26社まとめてみた

プロバイダーを変更する時にどうしても足止めになるのが「メールアドレスの変更」ですよね。新しく変えたいけどなかなかめんどうだったり、どうしても...

-shared-img-thumb-tsuruno19_TP_V
パソコンを買うならどこが得?!初心者でも分かる簡単な選び方

しょっちゅう買い換えるものではないからこそ、自分にあったパソコンを選びたいですよね。でもパソコンって色々種類があって、どれを買ったら良いのか...

bsPAK85_Splatoon0215194615
スプラトゥーンで勝つならイカ速よりギガ速!通信エラーになる原因と対策

任天堂Wii Uで大ヒットしている人気ゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」 子供から大人まで。ゲーム初心者からガチ勢まで幅広く楽し...