サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

いよいよNURO光にひかりTVが対応!エリア別の地デジ対策まとめ

インターネットが速くて安くて人気のNURO光。エリアも関東・関西・東海と広げ、さらに多くの人から注目を受けています。

そして今回、関東エリアのみになりますがいよいよテレビサービスも開始。地デジやBS、専門チャンネルやビデオオンデマンドが簡単に見れるようになりました。

  1. ひかりテレビでは何が出来るようになるのか
  2. 関東以外で地デジを見たい場合はどうすればいいのか

これらを分かりやすくまとめてみましたので、インターネットと同時にテレビも検討しているあなたは是非チェックしてみてください。

ひかりTV for NURO(関東のみ)

まずは関東エリアで検討しているあなたへ、テレビサービスで何が出来るのかを紹介していきます。

このひかりTVでは、

  1. 地デジ・BS
  2. ビデオ・オン・デマンド
  3. 専門テレビチャンネル

この3つを、アンテナを立てることなく見ることが出来ます。(ちなみにひかりTVはオプションとなるのでテレビだけの申し込みは出来ず、主となるインターネットの契約が必要です。)

料金は、上の3つのどれを見るかによって変わってきます。

  地デジ・BS ビデオ テレビ
基本放送プラン:1,000円
ビデオざんまいプラン:2,500円
テレビおすすめプラン:2,500円
お値打ちプラン:3,500円

・地デジを見るためには地デジチューナーが必要になります。家電量販店などでも買えますが、NURO光から月500円でレンタルすることも出来ます。

地デジ・BSを見るだけなら「基本放送プラン」を選べば毎月1,000円だけで地デジが見られるようになります。

また、基本放送プラン以外のプランを選んだ場合は、以下のキャンペーンも適用出来ます。

  • 2年契約で2年間1,000円引き
  • 月額2ヶ月間無料
  • チューナーレンタル料金2ヶ月無料
  • ぷららポイントを毎月540ptプレゼント
    (オプションビデオやひかりTVショッピングなどに使えます)

2年契約をすると、更新月以外の解約で10,000円の違約金がかかってしまいますが、1年ほどで元が取れるのでお得です。

 

続いて、地デジ・BSや、テレビ・ビデオサービスについて簡単にまとめていきます。

地デジ・BS

NURO光では地デジとBSを見ることが出来ます。

インターネット回線を使って見れるので、アンテナを立てる必要もなく簡単です。

テレビは宅内に2台まで。また、専用のアプリを取ればスマホやタブレットでもテレビが見れるようになります。

テレビサービス

テレビサービスでは、スカパーやケーブルテレビのような専門チャンネルを見ることが出来ます。

音楽やドラマ・映画、アニメなど40ch以上も見れます。

テレビ番組一覧

ビデオサービス

14,000本以上のビデオをネット上でレンタルして見ることが出来るサービスです。

レンタル中で借りれなかったり返し忘れて延滞金を取られることもないのでとても便利です。

ビデオ作品一覧

NURO光への申し込みはコチラから
《現在35,000円キャッシュバック中!》

NURO 光

NURO光の詳細はこちら

関東エリア以外で地デジを見る方法

現在関東エリアでのみひかりTVが申し込み可能となっていますが、関西・東海エリアに関してはまだ対応していません。

今後は対応していくかもしれませんが予定は今のところありませんので、その対策もまとめていきたいと思います。

対策としては「NURO光とは別に地デジ対策をする」か、「NURO光以外の光回線にする」という2つの方法があります。

どれが一番お得なのか。どれがあなたにとって一番の方法なのかを比較出来るように3つに分けて具体的な方法をまとめましたので、こちらをチェックしていきましょう。

方法1、NURO光+アンテナ

長く住むなら一番安上がり

  • NURO光(4,743円/月)+アンテナ工事(40,000円〜)

関東以外でネットは安くて速いNURO光がいい!という人は、地デジアンテナを立ててしまいましょう。

地デジアンテナを建てる場合、BSも見れるようにしたり、アンテナを小型のデザインに変えたりすることでプラスされていきますが、安いものだと40,000円〜が相場です。

この方法だと初めに費用はかかりますが、維持費や固定費はかかりませんし、NURO光では現在35,000円の現金キャッシュバックを行っているので、こちらを当てれば負担も少なくなります。

これからずっと住み続ける家ですから、立ててしまった方がお得ですし楽です。

方法2、NURO光+ケーブルテレビ

賃貸でアンテナを立てられないなら

  • NURO光(4,743円/月)+ケーブルテレビ(5,280円/月+工事費6,000円)

(JCOMの場合)

賃貸の場合は気軽にアンテナを立てられませんし、もし引越すことになったら勿体無いですよね。また、電波が弱いなどその他の理由から、どうしてもアンテナを立てられない場合もあります。

そんな時には「テレビだけケーブルテレビで見る」という方法がメジャーです。が、料金がかなり高いです。

チャンネル数 月額
78CH 5,280円
90CH〜 6,280円

視聴出来るチャンネル数がかなり多いのはケーブルテレビだけのメリットですが、毎月5,000円以上はかなりの負担なので「CSを見たい!」という人でなければオススメ出来ません。

また、NURO光は諦めてケーブルテレビで全部まとめるという方法もありますが、それでも結構高いです。

  • ネット(320Mbps)+光電話+テレビ(78CH)=9,048円

料金も高くネット速度も遅くなります。

(ただ、賃貸の場合はケーブルテレビが無料で入れるところもありますので確認してみましょう。)

方法3、NURO光ではなくソフトバンク光にする

  • ネット料金(5,200円/月)+テレビ(660円/月)+工事費24,000円×2

NURO光を選ぶ理由として、ソフトバンクのスマホがセットで割り引かれる「おうち割光セット」目当ての人も多いと思いますが、ソフトバンクのセット割はソフトバンク光でももちろん適用になります。

また、ソフトバンク光には地デジサービスがあるので、ネットもテレビも全部まとめてお願いすることが出来るんです。(毎月の料金はネットとテレビで5,860円。)

また、工事費はネットの工事とテレビの工事でそれぞれ24,000円ずつ、合わせて48,000円がかかってしまいますが、分割回数は自由に選べますし、現在では28,000円のキャッシュバックも行っているので負担は少なくなります。

 

アンテナを立てるのが面倒くさい!だけどケーブルテレビは高いし、ネットはやっぱり速い方がいい!というあなたはソフトバンク光でまとめるのも1つの手です。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

SoftBank光キャンペーン

ソフトバンク光の詳細はこちら

まとめ

以上ひかりTV for NUROの内容まとめと、関東以外の地デジ対策をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

関東エリアなら毎月1,000円で簡単に地デジが見られるようになるので是非一緒にまとめてみて下さい。

関西・東海エリアの人は、

  • 別でアンテナを立てる→固定費がかからないので長い目で見ると得
  • テレビはケーブルテレビでみる→CSはたくさん見れるが高い
  • ソフトバンク光でまとめる→工事費はかかるが1つでまとめるので簡単

という結果になりました。

是非参考にしてあなたにあった対策を選んでみてください!

NURO光への申し込みはコチラから

NURO 光

NURO光の詳細はこちら

  関連記事

 - 今更聞けないネット選びの基礎知識