サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

賃貸だからインターネットの工事が入れられない!工事不要で光回線を引く方法

光回線を契約する上で一番ネックとなるのが「工事」ですよね。

自宅ならまだしもマンションやアパートなどの集合住宅では、工事を入れてしまってもいいのかが分からなかったり、

また、オーナーに断られて「入りたいのに申し込めない!」なんて状況になってしまう人もいるかもしれません。

 

というわけで今回は、

  1. どんな工事が入るのか
  2. 工事を入れずにインターネットを使う方法

この2つをまとめてみました。

工事が面倒だったり不安なあなたは是非ご確認下さい。

光回線の工事内容まとめ

光回線はNTTのフレッツ光、ケータイ会社のauひかり・ソフトバンク光・ドコモ光などなどたくさんありますが、基本的な工事の流れは同じです。

というわけでまずは、光回線の一般的な工事内容からまとめていきたいと思います。

穴を開ける工事が入る

一戸建てや低層アパートの場合には、外の電線から宅内に光ケーブルを引き込む工事が入ります。

一般的にはエアコンのダクトや電話の配管など、既に開いている穴から入れるのですが、場合によっては新規で穴を開けることもあります。

また、ケーブルを建物に這わせて固定するためにビスを数か所打ちますので、数センチの穴が開いてしまいます。

宅内に訪問される

光コンセントの設置や機器の取り付けなどをするため、光回線の工事は「屋外」の他に「宅内」でも行われます。

家の中に業者が出入りするので、それに抵抗がある人も多いようですね。

工事のために予定をあけておく

私が工事で一番面倒だと感じたのは「工事日の日程調整」です。

光回線を申し込むと、工事が入る日程を指定するのですが、混み具合によっては次の空きが「1ヶ月後」というケースがよく見られます。なかなか1ヶ月後の予定は入れにくいですよね。

また、土日の工事は追加料金がかかる光回線も多いため、なかなか予定を決めづらいです。

工事自体は1時間ほどですが、時間帯は「午前中・昼12~16時・夕方16~19時」などとザックリしているので、長い時間を空けておかなくてはならないのも難点です。

賃貸は許可を取る必要有り

マンションやアパートなど賃貸での申し込みでは、勝手に工事を入れるわけにはいかないのでオーナー・管理会社に許可を取る必要があります。

また、もしあなたが退去する場合には光ケーブルの撤去に10,000円くらいかかってしまうので、退去後も光ケーブルをそのまま残してもいいかの確認も必要です。

工事費はいくらかかる?

工事の内容以外にも気になるのが費用ですよね。数万円単位でかかってくるものなのでこちらも気になる所です。

光回線の工事費用は18,000〜40,000円が目安。これを毎月のネット料金と合わせて分割で支払っていきます。

ただし、多くの光回線はこの工事費の割引キャンペーンをしているので「実質0円」の光回線もあります。

その例を見てみましょう。

auひかりの場合

工事費:1,250円×30ヶ月=37,500円
割引:△1,250円×30ヶ月=△37,500円

毎月1,250円の工事費がかかりますが、同額の1,250円が割り引かれるので相殺されて無料となります。

しかし注意したいのは途中解約です。30ヶ月以内に解約をしてしまうと割引だけがなくなり工事費だけが残るので、残債を精算する必要が出てきます。

光回線は3年は使う前提で申し込みましょう。

工事不要のソフトバンクエアーが人気!

FireShot Capture 290 - かんたんWi-Fi_SoftBankAir(ソフトバンクエアー)_ - https___bbpromo.yahoo.co.jp_softbank-air_ 2

基本的にはみんな工事を入れて光回線を引いているので、そこまで面倒なことはありませんが、上記5つのような難点もありました。

そして時代は変わり、今ではなんと工事が入らずにインターネットが繋がる「ソフトバンクエアー」が発売され、契約者もかなり増えています。

ソフトバンクエアーの申し込みはコチラから

【SoftBank Air】

ソフトバンクエアーはかなり簡単なので、これから主流になっていくかもしれません。こちらもポイントを5つに分かりやすくまとめてみましたので、是非チェックしてみて下さい。

届いたらコンセントに差すだけ

ソフトバンクエアーの開通までの流れは以下の2ステップ。

  1. ソフトバンクエアーを申し込んだら最短1週間後に自宅に機器が届きます。
  2. 届いたらコンセントに差して終了。すぐにインターネットが繋げられるようになります。

たったこれだけです。

工事も立ち会いも必要なく、空いている時間に機器を受け取るだけでOKなので光回線と比べると圧倒的に簡単です。

料金がシンプルで安い

ソフトバンクエアーのネット料金は「ソフトバンクのスマホの有無」によって変わります。

  スマホ無 スマホ有
2年間 3,800円 4,300円
3年〜 4,880円 4,880円
スマホ 1台につき1,000円引

一般的な光回線のネット料金は5,200円。さらに固定電話やオプションなどが付くと6,000円を超えてしまいます。

ソフトバンクエアーはソフトバンクのスマホが無くても毎月3,800円で使えるので、比べるとかなり安くてお手軽です。

速度は光回線の方が安定する

工事が入らず料金も安くて良い所だらけのソフトバンクエアーですが、回線速度に限っては光回線に劣ってしまいます。

  • 光回線の速度は1000Mbps(1Gbps)
  • ソフトバンクエアーは261Mbps

また、ソフトバンクエアーは無線なのに対して、光回線は工事をして直接回線を引込むのでその分速度も安定します。

オンラインゲームをしたり、大容量のダウンロードをする場合には工事を入れて光回線を引く方がオススメですが、

手軽にインターネットを楽しみたいあなたにはソフトバンクエアーがオススメ出来るようになります。

キャッシュバックがある

ソフトバンクエアーは現在20,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバックは普通為替で自宅に届くので、郵便局で現金と替えることが出来ます。

オプション加入のような条件も一切ありませんので、とてもお得です。

工事が面倒なあなた、賃貸で工事が入れられないあなたは是非ソフトバンクエアーがオススメです。

ソフトバンクエアーの申し込みはコチラから

【SoftBank Air】

まとめ

光回線は安定して速いインターネットが出来るのがメリットですが、そのためには工事を入れなければなりません。

そのため、

  1. 穴を開ける工事が入る
  2. 宅内に訪問される
  3. 工事のために予定をあけておく
  4. 賃貸は許可を取る必要有り
  5. 途中解約で工事費がかかる

という難点もありました。

今ではソフトバンクエアーという、機器をコンセントに差すだけでネットが使える便利なものが出てきています。

今まで工事を入れられなかったあなたは是非試してみて下さいね。

  関連記事

 - 今更聞けないネット選びの基礎知識